特亜&パヨク&マスゴミ

「辛淑玉氏の抗議行動は言論弾圧」「ニュース女子」出演の沖縄県民らが会見 基地反対派の「暴力動画」に息をのむ会場

               辛淑玉

2017.2.24 17:35

 東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹が司会を務める東京MXテレビ「ニュース女子」の番組内容が虚偽の内容にあたり、自身の名誉を毀損(きそん)されたとして、市民団体「のりこえねっと」の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表が放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会に番組内容の審議を申し立てたことについて、沖縄県民として同番組に出た「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員の我那覇真子(がなは・まさこ)さんらが24日、東京都内で会見し、「辛淑玉氏らの行為は言論弾圧だ」と批判した。

 我那覇さんら沖縄県民3人は、同番組にインタビュー映像で登場。この日の会見で、我那覇さんは「辛氏には公開討論を申し入れたが、回答期限を過ぎても連絡がない」とし、「人権を悪用してMXテレビを弾圧し、人身攻撃をしている」と批判した。

 会見に出席したタレントで弁護士のケント・ギルバート氏は「沖縄に行けばこうした事態はすぐに目につく。なぜメディアは報じないのか」と憤った。

 会見中には、沖縄平和運動センター議長の山城博治被告(64)=器物損壊などの罪で起訴=らが沖縄防衛局職員に暴行する場面、米軍関係者の車を取り囲んで「米軍、死ね」と何度も罵声を浴びせる場面などの動画も流された。

 質疑で朝日新聞の編集委員が「いつ、どこであったことなのか。どうやって入手した動画なのか。それが分からないと記事が書けない」と質問し、ケント・ギルバート氏が「自分で見てくればいいじゃないか」と返す場面もあった。

 我那覇さんによると、2月13日付で公開討論の申し入れと公開質問状を送ったが、24日までに回答がなかったという。

 質問状では、(1)反対派活動家が沖縄県東村高江地区で違法で私的な車両検問を行っている(2)同地区で多数の車両を縦横に放置し、地元住民の生活を脅かしている(3)日常的に反対派住民が職務中の防衛局、機動隊、建設作業員らに暴行したり、ヘイトスピーチを行っている(4)立ち入り禁止区域に不法侵入したこと(5)機動隊員が宿泊するホテルで、脅迫などを行っている-とし、これらの事実を討論するよう申し入れていた。

 我那覇さんは「東京MXテレビへの抗議は、言論弾圧、人身攻撃だ。沖縄を分断させる反日工作活動につながっている。なぜ北朝鮮による日本人の拉致事件や人権弾圧に声をあげずに、こうしたことばかりするのか」と辛氏らを批判。

 沖縄の報道については「ニュース女子問題は沖縄タイムス、琉球新報ともに連日大きく報じられている。デマだと決めつけているが、私たちには一度も取材がないのはどういうことなのか」とも語った。(WEB編集チーム)


http://www.sankei.com/affairs/news/170224/afr1702240036-n1.html

 あー、先ずは関連動画貼っとくわ。


 ホンに今のマスゴミはパヨクと半島に汚鮮されとるなあ。この会見もスルーかズタズタに編集されての放送かのどちらかだろうよ。正しく報道の自由【報道しない自由・好き勝手に編集する自由】を絶賛行使だ。こんなんだからテレビ離れ新聞離れが進むのになあ。

 と、思ってたら。


「ニュース女子」司会の論説室副主幹が3月1日付で異動へ 

2017.2.24 23:07

 中日新聞社は24日、東京新聞を発行する東京本社の長谷川幸洋・論説室副主幹を、3月1日付で論説室論説委員とする人事異動を発表した。長谷川氏は、放送内容に批判が出た東京MXテレビの番組「ニュース女子」の司会を務めていた。

 中日新聞社は人事異動について、「お話しすることはありません」としている。一方、長谷川氏の所属事務所は「発令を聞いていないので、何とも言えない」とコメントしている。


http://www.sankei.com/affairs/news/170224/afr1702240048-n1.html

 あ~あ、やっちまった。まあ本社が名古屋(在日パチンコボロ買い拠点)だからなあ。辛子玉とウリ同胞への批判は許さんってか?でもこれで中日新聞社もファッショ媒体と白日の下に曝されたわけだ。元から読んで無えが、勧誘が来てもアカ匪同様に門前払いだ。ドラゴンズも嫌いじゃないが、応援せん。

スポンサーサイト

既知なんだがね

韓国国民10人中9人、根拠もなく勝手に思い込む「認知バイアス」に該当=韓国ネット「根拠はたくさんある」「この国では当たり前」

                   変顔慰安婦

2017年2月17日、韓国・聯合ニュースによると、韓国国民の10人中9人に、根拠もなく勝手に思い込むなどの「認知バイアス」に該当する習慣があるということが分かった。

韓国保健社会研究院は同日、昨年9月に12歳以上の男女1万人を対象に行った調査の結果をまとめた報告書「韓国国民の健康状態と精神的習慣の現況と政策対応」を発表した。

研究者らは精神の健康に関する習慣的な態度、思考習慣、精神的な傾向などを「精神的習慣」と定義し、否定的な精神的習慣を7つの領域、30の項目に分け、各項目に対するアンケート調査の設問を作成した。アンケート調査の結果、「認知バイアス」領域に該当する5項目のうち1項目以上について「そのような習慣がある」と答えた人の割合は90.9%に達したという。

認知バイアスとは、物事の決定に自分の意見が反映されなかった時に、自分は無視されていると考えること(任意的推論)や、一を聞いたら十を知ることができると考えること(選択的抽象化)などをいう。その他、内緒話をしている人たちを見て自分の悪口を言っていると考えること(個人化)、世の中の全てが是非に分かれていると考えること(二極思考)、最悪の状況を一番先に考えること(破局化)なども認知バイアスの代表的な例。

報告書は「精神的習慣が精神の健康の重要な決定要因である点が広く認識されていない」とし、「否定的な精神的習慣が多くみられる高齢者と低所得者に対する管理プログラムを開発すべき」と主張した。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「根拠がないだなんて!この国のありさまを見て。それが根拠」「政治に経済、さらに大気汚染まで。正常な精神で暮らせるわけがない」「韓国という国が滅んでいく根拠はたくさんある」「韓国政府は経済の指標より国民のメンタルが大事ということに気付いていない」「資本主義の副作用。貧富の差は自壊の感情と喪失感を増幅させる」「努力は報われるという言葉が存在しな
い国では当たり前のこと」など、韓国の社会や政府に対する不満の声が多く寄せられた。その他、「学校で国英数だけを教えるのではなく、人間性の教育をするべき」「90%以上がそう考えるなら、それが正常ということでは?」との指摘もみられた。(翻訳・編集/堂本)

http://www.recordchina.co.jp/a164192.html

 いや、以前から知ってたよ。民度が低く直情的で、条文や文言、契約の概念が皆無なんだから。しかも稀にマトモな人物が現れるとそれを殺しちまうし。
 先日殺された金正男が良い例だよ。他にも金完燦氏や呉善花女史やシンシアリー氏、もっと古くは金玉均。皆して抹殺してしまう認知バイアス半島なんだからこれ以上付き合う必要は無いよ。福沢翁の脱亜論は国家公務員必読だな。


                      だから脱亜論をよめと言ってるのだ

乞食民族とキチガイ左翼のコラボ

2017.02.11 (15:52) │ 運動,生活 │ “朝鮮学校の子どもは希望”/山口県庁前で座り込み、日本市民の思い

          在日朝鮮人という寄生虫

補助金停止に反対する山口県庁前での座り込みには多くの日本市民が参加し、同胞たちとともに怒りの声をあげている。

「密接な人間関係が築かれている朝鮮学校の温かい環境に教育の原点がある」と話す松岡節子さん(64)は福岡在住で、40年近く養護教諭を務めてきた。山口初中の保健室設置に向けて学校関係者と協力して勉強会を開き、昨年に同校の運動会で救護班を担当するなど協力を惜しまない。

「どのような状況でも子どもたちの学ぶ権利は保障されないといけない。自分の力が及ばず現状を打破できていないことを申し訳なく感じる」。

昨今の日本社会では、「攻撃の矛先を向けられているマジョリティーの存在が覆い隠されてしまっている」と警鐘を鳴らし、「歴史や差別などの問題を正しく理解しないといけない。友人たちにも朝鮮学校に対する認識を持ってもらえるように働きかけていきたい」と語った。

日本共産党の木佐木大助県議は、「在日朝鮮人やその子どもたちへの差別を助長するような政策を執る安倍政権、県当局に対して「恥ずべきであり絶対に許されるものではない」とし、「3.29文科省通知」は「極めて政治的で差別的な措置だ」と怒りを露にする。昨年には山口初中周辺のスクールゾーン標識の整備を関係当局に働きかけ、その整備の実現に寄与した。

「他文化共生と国際交流を深め広げていく上で『百害あって一利なし』だ。不条理を見て見ぬふりはできない。思想、信条、党派を超えて、この問題に取り組んでいきたい」

座り込みの参加者に声をかけられて昨年から活動に足を運ぶようになった肝付芳寛さん(67)は、橋下徹大阪府知事が大阪朝鮮学園に補助金交付の条件として突きつけた「卑劣極まりない手口」に目を疑ったという。在日朝鮮人の「理不尽な環境」を日本人自身に考えてもらおうと、1カ月に1回、一人で街頭に立って手作りのチラシを配布し始めた。

ある老人男性から「感心だ。活動を続けなさい」と言われ、カンパをもらった。山口ネットワークのメンバーも駆けつけるようになり、現在は1カ月に4回チラシを配布している。

「幼少期から2言語を話し、思想や感情を芸術文化の形で表現できる朝鮮学校の子どもたちは東アジアの未来、希望だ。補助金復活は民族教育の特徴をさらに後押しするはずだ。朝鮮学校の置かれた現状を見れば、自分の活動はまだまだ足りない気がする」。

(李永徳)


http://chosonsinbo.com/jp/2017/02/il-1111/

 ハァ?日本市民?日本市なんて地名聞いたことがないが。何処?歴史や差別?常套句がまた出たな。おまエラ朝鮮人の過去現在の悪さが根本原因だろうが。謂れある差別は因果応報だ、バカチョン。理不尽な環境?玉入れ高利貸しで今までどれだけ日本人を破滅させたよ。拉致は理不尽ではないのか?バカチョン。東アジアの未来、希望?未だに朝鮮戦争は継続中だろうがバカチョン。

 こういうことを書くとまたヘイトスピーチ(笑)とか言う輩が居るがはっきり言う。管理人は謂れ無き差別と朝鮮人が大っ嫌いだ。さっさと痴情、じゃなかった地上の楽園に帰れ。

 ↓に関する謝罪と賠償も忘れずにな。

朝鮮進駐軍

鏡に説教の腐れアカ匪

アカ匪(社説)検索サイト 情報の流通、重い価値

2017年2月3日05時00分

マスゴミ知っているのかその新聞を

人々の間で情報が円滑にやり取りされることの価値を重く見た判断というべきだろう。

 検索サイトに約5年前の逮捕歴が表示される男性が、その削除を求めた仮処分事件で、最高裁は訴えを退ける決定をした。

 容疑は児童買春という強く非難される行いで、今なお公共の利害にかかわる。最高裁はそう指摘したうえで、このケースでは、削除してプライバシーを守る利益が、検索結果が提供される必要性を明らかに上回るとはいえないと結論づけた。

 注目すべきは、決定が検索サイトを「情報流通の基盤」と位置づけ、「検索結果の提供は事業者自身による表現行為の側面をもつ」と述べたことだ。社会インフラとしての同サイトの意義を評価し、検索結果の削除に高いハードルを課した。

 この判断は一方で、事業者に大きな責務を負わせるものということもできる。

 検索結果を提供する行為も、憲法が定める表現の自由のひとつの形態として、一定の保障を受けることがはっきりした。そうであれば、正当な削除要請には、これまでにも増して誠実に対応しなければならない。

 グーグルやヤフーなどの事業者は、決定がもつ意味をよく理解し、公共財として、より適切な運営を心がけてほしい。

 今回の事件は、さいたま地裁が15年に「人は『忘れられる権利』をもつ」との判断を示し、削除を命じて話題になった。だが最高裁は言及しなかった。

 忘れられる権利は欧州で生まれたが、国内での議論は深まっていない。公人の犯罪歴や不適切な言動をはじめ、たとえ本人の望みに反しても、社会で共有すべきものは少なくない。

 権利として認めた場合、どんなメリット・デメリットがあり、世の中にいかなる影響が及ぶか。具体例の集積や学説の進展を見ながら、慎重に考えを固めていくべき事柄だろう。

 名誉やプライバシーの保護と表現の自由との調整は、長年の難しい課題だ。ネット時代に入り、悩みはますます深い。

 忘れてならないのは、民主社会の維持・発展には人々が自由に情報を発信し、アクセスできる環境が欠かせないということだ。今回の最高裁決定が改めて示すところでもある。

 このおおもとを押さえたうえで、うそのニュースやヘイトスピーチのように民主主義の土台をゆるがしかねない情報や、他人の人格を不当に傷つける表現行為は、市民が主体的にチェックし、取り除いていく。その地道な積み重ねを大事にしたい。


アサヒドットコム

 は?どの口で言いやがる?おまエラの報道被害に苦しむ人達はどう救済するんだ?向井少尉のご遺族はおまエラのせいで家庭が崩壊したことには頬被りか?ばかちょん。
 デモや部数低下にまだ懲りてないなあ。おまエラアカ匪こそが不実の報道を繰り返してきた日本の癌だろうが、この朝●人野郎。戦前戦中のイケイケ記事や戦後の中共迎合連載は古本屋に行けば二束三文で山積みだぞ。トランプではないが、偏向媒体は叩き潰されるべきだ。管理人はアカ匪のDNAが途絶える現場を実況したいんだよ。加えてこんなもんを出題するセンター試験も独禁法違反だ。東大学派の頭でっかち馬鹿教授連中のデスマスクも取ってやりたいわ。

脱法ハーフはさっさと失ね

蓮舫氏が稲田防衛相イジメ 10年前の発言記事朗読を強要 知らないよ、またブーメランになっても…
夕刊フジ 2/1(水) 16:56配信

レンホー新ニュースキャスター_convert_20160917114555
レンホー在日中国籍

 民進党の蓮舫代表に、またブーメラン直撃か。1月30日の参院予算委員会で、稲田朋美防衛相に10年以上前の発言内容を朗読させて、執拗(しつよう)に批判したのだ。政治家や閣僚の適性を問う手法の1つなのだろう。ならば、蓮舫氏も自身の「二重国籍」問題に関わる、過去の発言を、国民の前で朗読した方がいいのではないか。

 蓮舫氏は、NHKで生中継された質疑で稲田氏に対し、「○○ページに何と書かれたか、読んでください」などといい、2007年の雑誌「別冊正論」の対談記事を直接読むよう何度も求めた。

 記事は男女共同参画をめぐり、稲田氏が「本来の男女平等は性別に関係なく、能力に応じて平等に登用されるべきだ」などと発言したもの。稲田氏は朗読に応じつつ、「10年以上前の一衆院議員としての発言であり、対談の一部を取り出して朗読することにも疑問がある」と、質疑自体を問題視した。

 これに対し、蓮舫氏は「10年前だから関係ないのか」などと批判した。

 閣僚や政治家が、過去の発言を問題視されるのは当然だ。有権者が適性や人間性を判断する一助となるからだ。蓮舫氏についても、「二重国籍」問題に関わる過去の発言は興味深い。

 蓮舫氏は問題が発覚した昨年9月、「台湾籍は抜けているという認識は、ずっと持っていた」などと説明したが、新聞や雑誌の取材やインタビューで以下のように発言していた。


 「赤いパスポート(=日本旅券)になるのがいやで、寂しかった」(朝日新聞1992年6月25日夕刊)

 「父は台湾で、私は、二重国籍なんです」(週刊現代93年2月6日発行号)

 「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」(朝日新聞93年3月16日夕刊)

 「だから自分の国籍は台湾なんですが」(CREA97年2月号)


 ぜひ、NHKの生中継で朗読してほしい。

.http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00000012-ykf-soci

 重箱の隅を突いたつもりがブーメランになって帰って来る。例の法則は健在だな。それに学べないこいつ等は正しく特亜だよDNAレベルでな。日本人の精神衛生上生きていてはイカン連中だ、命脈を絶つべしだな。非物理的攻撃方法は幾らでもある。あ、でもコイツの選挙区は愚民ブラクだから無理か。



プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR