これで終わりではない

麻原彰晃死刑囚の死刑執行 ほかの6人も執行見込み オウム事件で初

麻原死刑

 松本・地下鉄両サリン事件などで計29人の犠牲者を出した一連のオウム真理教事件をめぐり、死刑が確定していた教祖の麻原彰晃(しょうこう)死刑囚(63)=本名・松本智津夫(ちづお)=らの死刑が6日に執行されたことが、関係者への取材で分かった。教団が起こした事件の死刑囚は計13人おり、執行は初めて。同日中にほかの6人も執行される。上川陽子法相が命令した。平成7年5月の逮捕から23年。犯罪史上類を見ない一連の事件は大きな節目を迎えた。

 ほかの6人は、早川紀代秀(68)▽井上嘉浩(48)▽新実智光(54)▽土谷正実(53)▽中川智正(55)▽遠藤誠一(58)-の各死刑囚。

 確定判決によると、麻原死刑囚は(1)平成元年11月、教団に反対の立場を取っていた坂本堤弁護士=当時(33)=ら家族3人を横浜市の自宅で殺害(坂本弁護士一家殺害事件)(2)6年6月、長野県松本市でサリンを散布し7人を殺害(松本サリン事件)(3)7年3月、東京都心を走る3路線5方面の地下鉄でサリンをまき12人を殺害(地下鉄サリン事件)-などの凶悪事件を次々に起こした。

 麻原死刑囚はこの3事件を首謀。このほかの事件を含め13の事件で計26人を殺害、1人を死亡させた。松本サリン事件と地下鉄サリン事件では、後に被害者が1人ずつ死亡。一連の事件での死者は29人に上っている。

 確定判決では、一連の動機を「(麻原死刑囚が)救済の名の下に日本国を支配して自らその王になることを空想。その妨げになる者をポア(殺害)しようとした」と認定している。

 麻原死刑囚は7年に逮捕され、裁判は8年から始まった。しかし、1審の途中から意味不明なことを話すようになり、最後は何も語らなくなった。16年の1審の死刑判決後、弁護側は即時に控訴したが、「麻原被告は裁判を受ける能力がない」などとして控訴趣意書を提出せず、控訴審は一度も開かれないまま死刑判決が確定した。


https://www.sankei.com/affairs/news/180706/afr1807060004-n1.html

 昨日職場で「やっと終わった~。」なんて囁きが聞こえた。管理人も一瞬肩の力が抜けたが、直後に我に返った。

 「まだ終わっちゃいねえ。」あの邪教が保有してた一千億円は?生物化学兵器開発の原材料は何処からどう仕入れた?結果得たサンプルやデータは何処へ行った?

 予てより実しやかに言われてきたのが、我国へのカルト宗教を利用した浸透だよ。今回の死刑執行は謂わば【麻原主演のオウム劇場】の第二幕の中幕に過ぎない。真の原作脚本は別に居る。麻原も犬作も所詮は道化だろう。真の敵はその後ろにいる。

アイゴーwww

オウム北朝鮮


スポンサーサイト

これぞ民族の宝

「おらほの宝」に評価 日本遺産認定で喜び

黒曜石

 文化庁の「日本遺産」に24日、八ケ岳山麓の長野県8市町村と山梨県6市による「星降る中部高地の縄文世界―数千年を遡(さかのぼ)る黒曜石鉱山と縄文人に出会う旅」が認定された。黒曜石や縄文文化の魅力を伝えてきた人たちは、改めて地元の遺産の価値をかみしめるとともに、全国にアピールするきっかけになると喜んだ。

 黒曜石の採掘跡は、小県郡長和町と諏訪郡下諏訪町に残る。長和町には国史跡「星糞(ほしくそ)峠黒曜石原産地遺跡」などがあり、町は町内の黒耀石(こくようせき)体験ミュージアムで魅力を伝えている。町教育委員会教育課長補佐の大竹幸恵さん(58)は「採掘地は黒曜石を求めて遠くから来る人の出会いの場だった。食、温泉を楽しみにしつつ、遺跡を訪れる人が増えてほしい」と期待した。

 下諏訪町の国史跡「星ケ塔遺跡」の鉱脈は、同町埋蔵文化財センター星ケ塔ミュージアムで原寸大のジオラマに再現、展示されている。町諏訪湖博物館・赤彦記念館の宮坂清館長(53)は「20年以上の調査・研究が、観光の観点で評価されたのはうれしい」。青木悟町長は「認定された県内外の市町村と協力し、縄文の魅力をさらに発信したい」と喜んだ。

 大規模な縄文集落があった茅野市。黒曜石の矢尻など数百点を展示している市尖石縄文考古館によると、市内の駒形遺跡などは黒曜石を石器に加工、流通させる拠点だった。県文化財保護審議会委員の会田進さん(71)=諏訪郡原村=は「なぜこれほど繁栄したのか、認定が研究進展のきっかけになることを期待する」と話した。

 同市は2010年度から、市内の縄文遺跡、遺物をまちづくりに生かす「縄文プロジェクト」を展開。推進役の市民会議「広める部会」の樋口敏之部会長(61)は認定を歓迎した上で、縄文文化の価値を分かりやすく伝え、共有する方法が課題だとし「市民会議で議論したい」と述べた。

 南佐久郡川上村でも、縄文中期の集落遺跡で国史跡の「大深山(おおみやま)遺跡」から、水流のような模様の「曽利式土器」や立体的な模様の「井戸尻式土器」が出土。出土品は村文化センターで展示している。村教委の長崎治社会文化係長は「認定は光栄。他の自治体と連携し、遺跡を観光や学習に活用できる方法を考えたい」と話した。

 長野、山梨両県の申請は17年度に続く2度目で認められた。今回は長野県教委が申請代表自治体となり、黒曜石を前面に出すストーリーに仕立て直したという。今後は両県や関係市町村などで協議会をつくり、一帯をPRする新たな催しの企画などに取り組む予定という。

(5月25日)


http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20180525/KT180524ASI000003000.php

 タイトル見て中身を読んで「ローカルイベント」なんて言う浅はかなのが出てきそうだが、敢えて断言できる。日本人のルーツは二万年近く前まで遡り、その間にこの黒曜石の交易ルートが列島各地に形成され、中には海を渡ったのまである。

 しかもその縄文時代にすでに稲作が九州で六千年前には行われていた。これは考古学によって既に実証されている。誰だ? 「稲作渡来説」なんて戦後GHQによって押し付けられたゆがんだ歴史を未だに信じている愚かな頭でっかちは?


 世界中にはナントカ文明とか古代ナントカが幾多あるが、精々が四千年前だろう。しかもそれら古代文明を現代に伝える者途絶え今は居ない。後からやって来た者によって発掘されただけに過ぎない。一方日本の縄文文明は一万年以上栄え、狩猟中心から農耕中心へと謂わばライフスタイルを変えつつ、我々現代人という後裔が居る。

 これこそが本当の遺産、レガシィであることが、最高学府で教鞭をとるバカ左翼学者戦後進歩主義者特亜に阿る恰好だけインテリには分かるかな? 


松鶴家千とせ

 わかんねえだろうなあ。

万感の思い

「銀河鉄道999」再び旅立つ 松本零士さん11年ぶり新作執筆

999車掌

 漫画家の松本零士さん(80)が2007年から中断していた代表作「銀河鉄道999」の執筆を再開し、11年ぶりの新作が完成したことが23日、分かった。タイトルは「ドリームブラックホール」で、1970~80年代に一大ブームを巻き起こした未完のSF大作が、新展開へ再始動する。

 同作は、機械人間が支配する未来が舞台で、主人公の少年、星野鉄郎が謎の美女メーテルと共に銀河超特急999号で宇宙を旅し、成長する物語。77年から81年まで「週刊少年キング」で連載、テレビアニメや劇場映画が大ヒットした。96年に別の雑誌で続編が始まったが、連載30周年を機に発表された11年前の作品が最後となっていた。

 関係者によると、新作は銀河系内に出現した謎の「暗黒トンネル」を探るため、999号に乗り込んだ鉄郎とメーテルの「終わりのない旅の始まり」を計32ページにわたって描く。松本さんの生誕80年を記念して28日に刊行される「松本零士 無限創造軌道」(小学館)に収録される。


http://www.sankei.com/smp/entertainments/news/180223/ent1802230017-s1.html

 おおお~!!!管理人が正に小学生時代に毎週楽しみにしてた名作がまた出発進行か!あの作品こそが松本漫画の真骨頂だよ。只の漫画やアニメでは無い。鉄郎とメーテルが降り立つその各停車惑星に様々なドラマがあって、鉄郎は終着駅にたどり着くまでに少しづつ成長し、それを見て管理人も成長を少しばかりしたんだ。
 出来ればキャストもオリジナルで是非アニメ化して欲しい。



吉兆

5季ぶり「御神渡り」せり上がり最大数十センチ

2018年02月02日 08時16分

 諏訪湖で1日、湖面を覆う氷がせり上がる「御神渡おみわたり」が出現した。

 判定する長野県諏訪市の八剱やつるぎ神社の宮坂清宮司(67)が確認した。2013年1月以来5季ぶりで、同神社は御神渡りを正式に認定する拝観式の開催準備に入る。

 御神渡りは、凍結した湖面に亀裂が入り、気温差で膨張と収縮を繰り返した氷が、割れ目に沿って山脈のようにせり上がる現象。諏訪湖では、諏訪大社上社(諏訪市)の男神が、下社(下諏訪町)の女神の元へ通った道筋とも言われる。

 この日は、湖の南側から西側に向かって数百メートルにわたって確認され、せり上がりの高さは最大で数十センチを記録した。

 今冬の諏訪湖は1月15日に全面結氷したが、その後の雨で氷解。27日に再び結氷してからは、冷え込みが続いていた。

2018年02月02日 08時16分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


平成三十年御神渡

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180201-OYT1T50114.html

 五年ぶりかあ、諏訪の氏子衆はさぞや大喜びだろうなあ。管理人は筑摩者だが、塩尻峠を挟んでるだけで謂わばお隣様みたいなもんだ。今は加賀に棲む身だがとても嬉しいニュースだよ。

 科学的には自然現象であってもそこに人ならぬ神の力を感じるのが本来の日本人なんだよな。自然の中に神を見い出し畏れ敬うことこそが真のエコロジーでは無かろうか?

 それにしても目出度い。今年はきっといい年になる。

金沢のdame狼、能登で縄文の女神出会えたじ

 行って来ました能登町/真脇遺跡 秋のお祭り(秋分の日)。目的は只一つ。葦木啓夏さんの歌声を聴くこと。

葦木啓夏さん能登2

 開始に遅刻したため全て聴くことは出来なんだ管理人( つдT)ではあったが、それでも行った甲斐はあった。

葦木啓夏さん能登3

 いい歌は矢張りライブに限る。更に今後は国内のみの活動に留まらず、海外にも羽ばたくそうな。更なる飛躍を期待して止みません。

葦木啓夏さん能登1

 ライブの後にはCD販売があったので、勿論買わせていただきました。その際、葦木さんの衣装と北米先住民の伝統衣装との類似やらなんやらで和んだ会話も出来ました。

氏子の御柱2

 と、まあ、今回は縄文の女神を前に牙がすっぽ抜けた管理人であった。





プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR