FC2ブログ

ウジナラクオ李ティ

【大炎上】フジテレビ「Mr.サンデー」取材班が助けを求める人を撮影し続け見殺し / 溺死寸前で「誰かー!」と助けを呼ぶも無視

マスゴミ蛆テレビ

yamashiro

2018.07.10

2018年7月上旬、全国的に豪雨となり、多くの人たちが被害を受け、2018年7月10日(月)12:00現在で死亡134人、安否不明60人という非常に痛ましい事態となっている。そんななか、あまりにも非道すぎる出来事が発生した。

・ミヤネ屋でも司会をする宮根誠司氏の番組
物議をかもしているのは、2018年7月8日(日)22:00から放送されたフジテレビの生放送番組「Mr.サンデー」。この番組は「ミヤネ屋」などのワイドショーでも有名な宮根誠司氏(55歳)が司会進行を勤める番組。その放送のなかで、あまりにも残虐すぎるシーンが放送されたのだ。

・じょじょに沈み続ける自動車
豪雨により発生した洪水に流される自動車に、ひとりの年配男性が乗車しいた。じょじょに沈み続ける状態で、このままだと溺死は確実。そこにひとりの男性が現れ、「窓開けて!」「窓開けて外に出ないと危ない!」と叫びながら自動車に駆け寄り、ドアを開けようとするものの、水圧により一人の力では開けられない。

・非人道的な見殺し行為
ひとりでは空けられないことを理解した男性は「誰かー!」と、取材班のほうを向いて叫ぶものの、カメラマンを含む取材班全員が無視。たんたんと沈んでゆく自動車を撮影し続けるだけだった。

この件に関して、多くの視聴者がブチギレ激怒。インターネット上でも非人道的な見殺し行為として強いバッシングの声があがっている。

・男性が取材班の目の前で溺死していた可能性
緊急時、取材よりも人道的な救助行為を優先するべきだが、この取材班はまったくそのようすはみせず、冷静に沈みゆく自動車と男性を採り続けた。

今回は完全に沈みきる寸前に男性が年配男性を窓から救出したために助かったが、もしこの男性が救助に向かわなかったら、男性は取材班の目の前で溺死していた可能性が高い。

・日本中から怒りの声
このあたりは流れが穏やかで、沈みゆく自動車から救出さえ出来れば、年配男性の命は助かる状況。近くにいた取材班も、助けに行くことは容易に可能だったといわれている。

取材班は「衝撃的な映像」を撮ることを優先し、人命は二の次であることがわかる映像だけに、日本中から怒りの声が噴出している。皆さんは、この出来事をどのように考えるだろうか。




http://buzz-plus.com/article/2018/07/10/miyane-mr-sunday-news/

 これぞ韓流やらK-POPやらをゴリ押しする蛆テレビの正体。所詮は済州島ルーツの白丁なんだから、目の前で何人日本人が死のうと構わないんだろうよ。まあ、「アイゴー」を叫んでたら助けてたかもな。

 管理人は他局ではあったが、一発目の「冬のソナタ」から警戒してたが、無警戒な馬鹿はまんまと嵌められてその後の政権交代に貢献しやがった。もうテレビ如き愚民化BOXなんぞに情報を頼るのは辞めにせんか?爺婆も言ってたぞ。「テレビばっかり見てると馬鹿になる。」ってな。




ウリテレビ
スポンサーサイト

飼い主に忠実な狗

10日、環球網は、中国外交部の定例記者会見で日本人記者が放った一言に、会場が笑いに包まれたと報じた。

10日に行われた同部記者会見で、日本人記者は「中国中央テレビ(CCTV)が今日午後、中国海警局が上海付近の公海で密輸船数隻を拿捕(だほ)したと報じました。そのうち1隻は別の船に石油を送っていたとのことで、北朝鮮に関係があるのではないかとの見方が出ています。関係国では密輸活動への監視を始めましたが、中国は監視を強めていますか」と質問した。

これに、会見を担当した耿爽(グン・シュアン)報道官は「CCTVの報道だとおっしゃいましたが、あなたはCCTVの人ではないですよね?」と逆質問。すると日本人記者は「今のところはまだ違います」とユーモラスに答え、会場の笑いを誘った。耿報道官がさらに「どこのメディアですか?」と聞くと、記者は「NHKです」と回答している。

「まだ違います」という回答に、自身も笑顔を見せた耿報道官は、質問に対し「そのニュースは見ていないが、北朝鮮に関係するかについては、わが国は国連安保理の対北朝鮮決議を一貫して全面的に、正しく、真剣に、厳しく実施することを原則としている。わが国がこれに向けて努力していることは明らかだ」と答えた。

さらに、北朝鮮に関わる密輸活動の監視を強化しているかをただされた耿報道官は、「国連安保理決議の実施に向けたわれわれの努力は、誰の目に見ても明らか」と繰り返すにとどめた。(翻訳・編集/川尻)


http://www.recordchina.co.jp/b599717-s0-c10-d0135.html

 これジョークでもユーモアでも無え狗HKの忌憚無き本音だろうが。今や狗HKは嘗てのアカ匪を上回るCHINK贔屓の親中媒体なのは一部の情報弱者以外なら広く知られてる。受信料は全額返済の上、さっさと解体されてしまえ。

マスゴミ犬HKタンクトップ


ヘンなモン混ぜるな

朝鮮地図


西日本新聞ニュース社会..
.古墳時代のすずり出土 福岡市の比恵遺跡群 「奴国で文字使用」

2018年02月17日 06時00分

 福岡市は16日、比恵遺跡群(博多区博多駅南)から3世紀後半の古墳時代とみられる石製すずりの一部が出土したと発表した。遺跡群は古代中国の史書「魏志倭人伝(ぎしわじんでん)」に登場する「奴国(なこく)」の中心部にあり、市は「邪馬台国時代に奴国での文字の使用を示す貴重な発見」としている。

 市埋蔵文化財課によると、出土した石製品は、板状で幅4・7センチ、長さ最大5・4センチ、厚さ0・8センチ。形状や、表面の磨かれ具合などから、すずりとみられるという。2016年7~8月の事務所建設に伴う発掘で見つかり、専門家に調査を依頼して判明した。

 筆やすずりなどの文具は、弥生時代中期(紀元前1世紀前後)以降に、朝鮮半島から西日本に広まったとされる。弥生時代のすずりは、三雲・井原遺跡(福岡県糸島市)や中原遺跡(同県筑前町)など4遺跡で出土しているが、その後の古墳時代前期(3世紀後半)のすずり出土は国内で初めてという。

 比恵遺跡群は、弥生時代に奴国の拠点集落があったとされ、これまでも竪穴住居跡や小銅鐸(どうたく)などが見つかっている。市の担当者は「奴国が、文字文化もある重要な場所だったことを示す史料になる」と話した。

=2018/02/17付 西日本新聞朝刊=

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/394877/

 発掘物にサラッと嘘を練りこむ悪質なフェイクニュースだな。何が奴國(なこく)だ?あの金印の全文は漢倭奴国王(かんわどのこくおう)、詰まりは中華から観て卑しい奴ばらという意味だよ。
 筆やすずりなどの文具は、弥生時代中期(紀元前1世紀前後)以降に、朝鮮半島から西日本に広まったとされる?では上に書いた金印を誰がどう読んだ?文具?半島にソンなもんがあったか?
 確かに漢字は表意文字としては最も優れた文字だろう。然し、時に曲解を招きそれが支那における天下騒乱の元凶になったのを知らんのか?これを書いた秀才大卒記者は。
 しかも今のネット時代に完全否定されている経由説渡来説を持ち出すなんぞ、正しく「頭隠してエラ隠せず」だわ。

 ついでだ。管理人は特亜とマスゴミには徹底的に冷淡なんでな。

■三韓征伐・任那日本府の歴史

【朝鮮半島の石碑・歴史書】
・広開土王碑
『そもそも百済と新羅は高句麗の属民で朝貢していた。しかし、倭が391年に海を渡り百済・加羅・新羅を破り、臣民となした』
『399年 新羅からの使者が「多くの倭人が新羅に侵入し、新羅王を倭の臣下としたので高句麗王の救援をお願いしたい」と願い出たので、高句麗王は救援することにした。』
『400年 倭が新羅の王都の城中に満ちていた』
『404年 倭は無法にも、帯方郡に侵入した』

・三国史記(百済本紀)
『397年 阿辛(あしん)王は倭国と友好関係を結び、太子の腆支(てんし)を人質として倭に送った』

・三国史記(新羅本紀)
『402年 倭国と通好して、奈勿(なこつ)王の子、未斯欣(みしきん)を人質として倭に送った』


【中国大陸の歴史書】
・宋書
『451年 倭王済を使持節、都督、倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事、安東大将軍に叙した』

・南斉書
『倭王武を使持節、都督、倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事、安東大将軍に新に叙し、号を鎮東大将軍と為した』

・梁職貢図
『斯羅國は元は東夷の辰韓の小国。魏の時代では新羅といい、劉宋の時代には斯羅というが同一の国である。或るとき韓に属し、あるときは倭に属したため国王は使者を派遣できなかった』

・梁書
『倭王武を使持節、都督、倭・新羅・任那・伽羅・秦韓・慕韓六国諸軍事、鎮東大将軍に叙した。502年、梁の高祖(武帝)が即位し、倭王武を征東大将軍に進号した』

・隋書
『新羅・百済は、みな倭を以て大国にして珍物多しとなし。並びにこれを敬い仰ぎて、恒に使いを通わせ往来す』

また狗HKか

「長野の味」ポテトチップス販売

01月19日 16時59分

ぺ天使

「長野の味」のポテトチップスとして、白菜のキムチとたくあん、それに豚肉などをごはんにあえた長野県で人気の給食メニューの「キムたくごはん」味が完成し、来月から販売されることになりました。

新たなポテトチップスは、長野県と大手食品メーカーの「カルビー」が共同開発し、19日は担当者が長野県庁を訪れて阿部知事に完成を報告しました。
「長野の味」としてあらたに販売されるポテトチップスは、「キムたくごはん」味です。
長野県によりますと「キムたくごはん」は、塩尻市の栄養士が考案した人気の給食メニューで、白菜のキムチとたくあん、それに炒めた豚肉をごはんにあえたもので、キムチの辛さとたくあんの甘酸っぱさが絡み合った風味が特徴です。
早速、試食した阿部知事は、「いろいろな味が混ざって微妙な味だが、試行錯誤の上、おいしい製品をつくってくれてありがとうございます」と話していました。
メーカーの担当者は、「野沢菜や栗、市田柿などの候補が挙がる中、山賊焼き味との一騎打ちとなりましたが、最終的にネーミングのおもしろさと意外性、それにポテトチップスとの相性の良さから決めました。長野県の給食の素晴らしさとともに世間に広めていきたいです」と話していました。
「キムたくごはん」味のポテトチップスは、来月19日から期間限定で東日本の16の都県で販売されます。


http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/20180119/1010001692.html

 管理人は長野の生まれ筑摩の育ちだが、キムたくごはん?聞いたことも見たことも無いわ。それが信州の味?長野県バカにしとるんか?!キムチと沢庵ってどんだけ塩分過多だよ。昔の県民挙げての減塩運動を無駄にする気か?長野県民なら野沢菜、蕎麦その他おやきに若鳥の山賊焼きにテンホウの肉揚げ担担麺etc幾らでもあるわ。
 狗HKよ、韓流捏造同様にこうやってステマとゴリ押しはもう通じないってまだわからんのかよ。しかもあの今度のヒラマサ五輪に出掛けるとはしゃいでるあの知事とグルになって。こんなもん公共放送のニュースとしての価値もないわ。


お手盛り大賞

朝日にジャーナリズム大賞=
森友、加計学園報道で-新聞労連

 日本新聞労働組合連合は12日、平和・民主主義の確立や言論・報道の自由に貢献した記事などを表彰する「第22回新聞労連ジャーナリズム大賞」に、森友学園への国有地売却や加計学園の獣医学部新設をめぐる朝日新聞社の一連の報道を選んだ。授賞式は23日午後、東京都台東区の区民会館で。(2018/01/12-16:22)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018011200897&g=soc

 全くバカの発露でしかないな。パヨクはこうやって横繋がりで何の権威もない賞を粗製濫造してお互いに与えっこしてホルホルしてるんだから御目出度い。どうせ新宿区西早稲田2-3-18繋がりなんだろう。

マスゴミもりかけ弁当

 森加計なんぞただ単に国会を空転遅延させた茶番でしかないのに、それを何の一次資料も無いままに政局化させたんだから、こんな報道なんぞ正しく報道犯罪でしかないわ。腐れバカ日はさっさと集団自殺でもしろよ。

さよならパヨク
プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR