アカ匪新聞の一日も早い廃刊を

                マスゴミアカヒ新聞KY

 朝日新聞はよほど「関与」という言葉がお好きらしい。24日付朝刊では、学校法人「森友学園」の土地問題をめぐり、1面トップ記事で「昭恵夫人付職員が関与」との大見出しが躍っていた。安倍晋三首相夫人が土地問題に関係を持ち、事にあずかっていたのだとの印象が刷り込まれる。

 ▼他紙はと見ると、毎日、日経、東京の各紙がそろって問い合わせを意味する「照会」との表現を使っていた。社説でも「昭恵氏が、国有地払い下げに関与したことを疑わせる」「何らかの動きをしていたなら、一定の関与をしていたことになる」と書いた朝日の念の入れようは突出している。

 ▼朝日が「関与」を強調した事例といえば、平成4年1月11日付朝刊の1面トップ記事「慰安所 軍関与示す資料」が思い浮かぶ。実は慰安婦募集に際し、一般市民の誤解を招かぬように誘拐などを行う悪質な業者に気をつけろという通達のことだった。

 ▼ところが、本文とは別に「朝鮮人女性を挺身(ていしん)隊の名で強制連行した」といった事実と異なる解説記事があったため、強制連行の証拠資料であるかのように誤解された。記事の5日後に韓国を訪問した当時の宮沢喜一首相は、「関与」の中身も分からぬまま8回も謝罪した。

 ▼「報道で、政府内は蜂の巣をつついたような大騒ぎとなった」。当時の政府高官は後にこう振り返り、「一連の流れをみると意図的な動きを感じる」と付け加えた。朝日は慰安婦報道について、「政治動かした調査報道」(6年1月25日付朝刊)と自賛もしていた。

 ▼「関与」というあいまいで、どうとでも解釈できる言葉を独り歩きさせ、何か重大な問題であるかのようなイメージをかき立てる。印象操作に引っかからぬよう気をつけたい。


http://www.sankei.com/column/news/170325/clm1703250003-n1.html

 まあ確信犯的に印象操作をしてるな。一学校法人の問題で「何とか政権にダメージを与えよう。予算審議を滞らせてやろう。共謀罪は我が身と同胞(純正日本人を除く)にとって危険だから潰そう。北の脅威から国民の目を晦まそう。民進党を政権に就けさせよう。」そんな下心が見え見えだわ。まあ、共謀罪は閣議決定されたんで目論見の一部は潰えたようだ。

 それにしても不思議に思うのは、戦前戦中戦後と虚偽偏向で何度も世論をミスリードさせてきたアカ匪を購読する日本人が居ることだよ。頑迷なパヨク連中ならイザ知らず、無党派でも「只何となく」購読して論調に染まってしまうのか?それともアカ匪真理教の信者がまだまだ多いってことか?既にインターネットに大きく水を開けられてるのに。兎に角有害無益で資源の無駄だ、サッサと廃刊したほうが地球環境の為にもなる。


マスゴミ知っているのかその新聞を
スポンサーサイト

特亜&パヨク&マスゴミ

「辛淑玉氏の抗議行動は言論弾圧」「ニュース女子」出演の沖縄県民らが会見 基地反対派の「暴力動画」に息をのむ会場

               辛淑玉

2017.2.24 17:35

 東京新聞の長谷川幸洋論説副主幹が司会を務める東京MXテレビ「ニュース女子」の番組内容が虚偽の内容にあたり、自身の名誉を毀損(きそん)されたとして、市民団体「のりこえねっと」の辛淑玉(シン・スゴ)共同代表が放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会に番組内容の審議を申し立てたことについて、沖縄県民として同番組に出た「琉球新報、沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員の我那覇真子(がなは・まさこ)さんらが24日、東京都内で会見し、「辛淑玉氏らの行為は言論弾圧だ」と批判した。

 我那覇さんら沖縄県民3人は、同番組にインタビュー映像で登場。この日の会見で、我那覇さんは「辛氏には公開討論を申し入れたが、回答期限を過ぎても連絡がない」とし、「人権を悪用してMXテレビを弾圧し、人身攻撃をしている」と批判した。

 会見に出席したタレントで弁護士のケント・ギルバート氏は「沖縄に行けばこうした事態はすぐに目につく。なぜメディアは報じないのか」と憤った。

 会見中には、沖縄平和運動センター議長の山城博治被告(64)=器物損壊などの罪で起訴=らが沖縄防衛局職員に暴行する場面、米軍関係者の車を取り囲んで「米軍、死ね」と何度も罵声を浴びせる場面などの動画も流された。

 質疑で朝日新聞の編集委員が「いつ、どこであったことなのか。どうやって入手した動画なのか。それが分からないと記事が書けない」と質問し、ケント・ギルバート氏が「自分で見てくればいいじゃないか」と返す場面もあった。

 我那覇さんによると、2月13日付で公開討論の申し入れと公開質問状を送ったが、24日までに回答がなかったという。

 質問状では、(1)反対派活動家が沖縄県東村高江地区で違法で私的な車両検問を行っている(2)同地区で多数の車両を縦横に放置し、地元住民の生活を脅かしている(3)日常的に反対派住民が職務中の防衛局、機動隊、建設作業員らに暴行したり、ヘイトスピーチを行っている(4)立ち入り禁止区域に不法侵入したこと(5)機動隊員が宿泊するホテルで、脅迫などを行っている-とし、これらの事実を討論するよう申し入れていた。

 我那覇さんは「東京MXテレビへの抗議は、言論弾圧、人身攻撃だ。沖縄を分断させる反日工作活動につながっている。なぜ北朝鮮による日本人の拉致事件や人権弾圧に声をあげずに、こうしたことばかりするのか」と辛氏らを批判。

 沖縄の報道については「ニュース女子問題は沖縄タイムス、琉球新報ともに連日大きく報じられている。デマだと決めつけているが、私たちには一度も取材がないのはどういうことなのか」とも語った。(WEB編集チーム)


http://www.sankei.com/affairs/news/170224/afr1702240036-n1.html

 あー、先ずは関連動画貼っとくわ。


 ホンに今のマスゴミはパヨクと半島に汚鮮されとるなあ。この会見もスルーかズタズタに編集されての放送かのどちらかだろうよ。正しく報道の自由【報道しない自由・好き勝手に編集する自由】を絶賛行使だ。こんなんだからテレビ離れ新聞離れが進むのになあ。

 と、思ってたら。


「ニュース女子」司会の論説室副主幹が3月1日付で異動へ 

2017.2.24 23:07

 中日新聞社は24日、東京新聞を発行する東京本社の長谷川幸洋・論説室副主幹を、3月1日付で論説室論説委員とする人事異動を発表した。長谷川氏は、放送内容に批判が出た東京MXテレビの番組「ニュース女子」の司会を務めていた。

 中日新聞社は人事異動について、「お話しすることはありません」としている。一方、長谷川氏の所属事務所は「発令を聞いていないので、何とも言えない」とコメントしている。


http://www.sankei.com/affairs/news/170224/afr1702240048-n1.html

 あ~あ、やっちまった。まあ本社が名古屋(在日パチンコボロ買い拠点)だからなあ。辛子玉とウリ同胞への批判は許さんってか?でもこれで中日新聞社もファッショ媒体と白日の下に曝されたわけだ。元から読んで無えが、勧誘が来てもアカ匪同様に門前払いだ。ドラゴンズも嫌いじゃないが、応援せん。

鏡に説教の腐れアカ匪

アカ匪(社説)検索サイト 情報の流通、重い価値

2017年2月3日05時00分

マスゴミ知っているのかその新聞を

人々の間で情報が円滑にやり取りされることの価値を重く見た判断というべきだろう。

 検索サイトに約5年前の逮捕歴が表示される男性が、その削除を求めた仮処分事件で、最高裁は訴えを退ける決定をした。

 容疑は児童買春という強く非難される行いで、今なお公共の利害にかかわる。最高裁はそう指摘したうえで、このケースでは、削除してプライバシーを守る利益が、検索結果が提供される必要性を明らかに上回るとはいえないと結論づけた。

 注目すべきは、決定が検索サイトを「情報流通の基盤」と位置づけ、「検索結果の提供は事業者自身による表現行為の側面をもつ」と述べたことだ。社会インフラとしての同サイトの意義を評価し、検索結果の削除に高いハードルを課した。

 この判断は一方で、事業者に大きな責務を負わせるものということもできる。

 検索結果を提供する行為も、憲法が定める表現の自由のひとつの形態として、一定の保障を受けることがはっきりした。そうであれば、正当な削除要請には、これまでにも増して誠実に対応しなければならない。

 グーグルやヤフーなどの事業者は、決定がもつ意味をよく理解し、公共財として、より適切な運営を心がけてほしい。

 今回の事件は、さいたま地裁が15年に「人は『忘れられる権利』をもつ」との判断を示し、削除を命じて話題になった。だが最高裁は言及しなかった。

 忘れられる権利は欧州で生まれたが、国内での議論は深まっていない。公人の犯罪歴や不適切な言動をはじめ、たとえ本人の望みに反しても、社会で共有すべきものは少なくない。

 権利として認めた場合、どんなメリット・デメリットがあり、世の中にいかなる影響が及ぶか。具体例の集積や学説の進展を見ながら、慎重に考えを固めていくべき事柄だろう。

 名誉やプライバシーの保護と表現の自由との調整は、長年の難しい課題だ。ネット時代に入り、悩みはますます深い。

 忘れてならないのは、民主社会の維持・発展には人々が自由に情報を発信し、アクセスできる環境が欠かせないということだ。今回の最高裁決定が改めて示すところでもある。

 このおおもとを押さえたうえで、うそのニュースやヘイトスピーチのように民主主義の土台をゆるがしかねない情報や、他人の人格を不当に傷つける表現行為は、市民が主体的にチェックし、取り除いていく。その地道な積み重ねを大事にしたい。


アサヒドットコム

 は?どの口で言いやがる?おまエラの報道被害に苦しむ人達はどう救済するんだ?向井少尉のご遺族はおまエラのせいで家庭が崩壊したことには頬被りか?ばかちょん。
 デモや部数低下にまだ懲りてないなあ。おまエラアカ匪こそが不実の報道を繰り返してきた日本の癌だろうが、この朝●人野郎。戦前戦中のイケイケ記事や戦後の中共迎合連載は古本屋に行けば二束三文で山積みだぞ。トランプではないが、偏向媒体は叩き潰されるべきだ。管理人はアカ匪のDNAが途絶える現場を実況したいんだよ。加えてこんなもんを出題するセンター試験も独禁法違反だ。東大学派の頭でっかち馬鹿教授連中のデスマスクも取ってやりたいわ。

東京ですか?いいえ、頭狂新聞です

「日本スゴイ」ブームを斬る

2016年12月23日

売国マスゴミの実体

 テレビや本は今年も「日本スゴイ」の称賛であふれ返った。伝統文化もハイテクも全部スゴイ! テレビ各局が力を入れる年末年始の特番も日本礼賛のオンパレードである。だが、ちょっと待て。自己陶酔の先には何が待っているのか。この間、「世界の報道自由度ランキング」などで日本メディアの評判は下落の一途をたどった。戦時下の日本でも「世界に輝く日本の偉さ」が強調され、やがて破局を迎えた。タガが外れ気味の「スゴイブーム」を斬る。 (白名正和、池田悌一)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2016122302000171.html

 はあ?日本スゴイブームなんて無いだろうが。寧ろ今までの日本ダメ、日本SAGE番組こそが異常だっただけだ。散々重箱の隅を突っついて日本を貶める戦後プレスコードと報道しない自由をフルに行使して来たマスゴミがどの口でほざきやがる。ブームでも何でもない「日本再発見」が数字を出してるだけだ。文句抜かすんなら消費者(視聴者)ではなく生産者(製作側)に言え。あまりの的外れと独り善がりっぷりに豆介も呆れてるわ。

豆介

また沖タイか

[読書]神奈川新聞『時代の正体』戦争止める 記者の覚悟

                また、おまいらか

2016年9月10日 12:36

 記事が偏っているのではないか-。そう問われた記者は、紙面で答えた。

 「偏っていますが、何か」

 権力批判こそが新聞の役割の一つなのだから、読み手によってはそう受け取られることもあるだろうし、そもそも偏っていない記事などあるのかと、記者は逆に問いかける。

 安っぽい挑発とは違う。本書の元となる神奈川新聞の連載企画を貫くのは、余計な遠慮も忖度(そんたく)も、あるいは安易な妥協も抜きにした、記者のヒリヒリするような“覚悟”だ。

 時代はいま、排他と差別の気分に満ちている。戦後という時間を否定し、「新しい戦前」を目指す動きが活発化している。安全保障は暴走した。復古調の教科書も登場した。在日米軍基地の押し付けに反対する人々は「売国奴」と罵(ののし)られ、外国籍住民に対するヘイトスピーチは止まらない。真に記者であるならば、そんな時代と添い寝している暇などないはずだ。その危機感が、こうした現場へ取材班を走らせる。抗(あらが)う人々の中に、抑圧の路上に。それぞれの風景をていねいに描写しながら、抵抗の言葉を積み重ねていく。そして記者のひとりは訴える。「絶望は声を上げなくなったときにやってくる」

 メディアの悪癖ともいうべき“両論併記”を排した姿勢が胸を打つ。「ジャーナリズムの役割とは、突き詰めれば、戦争を食い止めることだ」。その立ち位置から一歩も動くことはない。

 本書の書き手たちとは、私も取材現場で顔を合わせることが多い。そのうちの一人に「会社の内外から風当たりは強くないか」と尋ねたことがある。即座に答えが返ってきた。

 「風も空気も読まない。本当は、どこの新聞記者であっても、みながそうあるべきだと思う。そうすることで、もっと新聞が面白くなる」

 軸足を持った記者は違う。

 以前、沖縄の新聞記者たちを取材した時にも同じものを感じた。書くことの使命を抱えた記者の言葉は生きている。記事が生きている。鼓動と息づかいが響いてくる。自分が書かずに誰が書くというのだ、という強い思いが伝わってくるのだ。(安田浩一・ジャーナリスト)

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/61516


 常識的に考えて支離滅裂すぎるわ。いくら活字媒体とはいえ、“両論併記”を排した姿勢 ってそんなの民族派の街宣活動にも及ばない、場末の酔っ払い親父の政局談義以下だろうが。所謂独善であり、それに使命感を憶えることは単なるナルシズムであり、それによって一定の世論が形成されたならミスリード、詰まりはこいつらの方こそ新たな戦前へと国民を誤らせる害悪でしかないわ。しかも駄文書いて給料貰って、ある意味羨ましいわ。百田じゃねえが、こんな媒体は国民が立ち上がって潰すべきだ。

 これぞ沖縄県民の声だ。

沖縄県民の本当の気持ち_convert_20160911015444


プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR