身近にあるリスク

「小学校庭で侵入グマ射殺」がなぜ非難される…児童の安全優先「やむを得ない判断」に“第3者”から反発の声/高山市・栃尾

パーン、パーン。自然豊かな山間の校庭に銃声が鳴り響いた。岐阜県高山市奥飛騨温泉郷の市立栃尾小学校(小谷好廣校長、児童64人)に9月、ツキノワグマが侵入し、駆けつけた猟友会メンバーが警察の指示のもとで射殺したのだ。当時は授業中で学校側は児童を教室で待機させ、児童や保護者にその都度状況を説明したため、大きな混乱はなかった。地元ではクマによるけが人も相次いでおり、今回の措置も「児童の安全を考えるとやむを得ない」との受け止め方だ。ところがネットや報道で騒ぎを知った県外の人から「小学校で射殺とは…」と非難の声が寄せられ、市や学校側は困惑している。

■校庭に迷い込んだクマ


 校庭でクマが見つかったのは9月6日午前11時半ごろだった。職員室の教職員が校庭を走る黒い動物を発見。周辺でもクマの目撃情報はあったが、学校の敷地に入ったことは一度もなく、松井健治教頭は「動きがとても速く、初めは黒い犬が入ってきたと思った」という。

 しかし、よく見るとクマだったため、すぐに110番通報し、教職員が手分けして校舎1階と体育館の全てのドアや窓を施錠。児童らを教室で待機させ、西隣の市立栃尾保育園にも事態を伝え、警戒を促した。


 通報の約10分後に県警高山署員や市職員、飛騨猟友会高山支部のハンターらが到着。一時、クマを見失ったが、その後、校庭南側の木に登り、高さ約3メートルの枝の上で何かを食べているのを発見。最初は爆竹で追い払うおうとした。

 「爆竹が鳴りますが、驚かないように」。学校は校内放送を流し児童らに知らせるとともに、保護者へも「クマが校庭に侵入し、警察の指導で校舎内に避難しています。安全は確保されています」とメール配信した。


 ところが約10分後、署員から連絡があった。「爆竹で威嚇するとクマが驚いて校舎の方へ逃げたり、隣の保育園や宅地へ向かう恐れがある。子供たちの安全を最優先し、射殺します」。署の判断だった。

 発見から約1時間後、猟友会のハンターが木に登っているクマに2発を発砲。息絶えて途中の枝でひっかかったクマを脚立を使って署員と猟友会員らが下ろした。クマは体長約1メートル、体重約100キロで、雄のツキノワグマの成獣だった。


■学校での射殺、県外から批判が

 クマは射殺されたが、学校の対応はその後も続いた。射殺から約30分後の午後1時過ぎ、保護者へ児童全員の無事をメール配信。緊急の全校集会も開いて小谷校長が児童らに「尊い命が失われてしまいましたが、自然の脅威がみなさんの身近にある」と語りかけた。児童は皆一様に黙ったままじっと耳を傾けていたという。

 集会前に小谷校長が教職員らと協議し、「子供たちに嘘をつけない。安全を最優先して射殺された事実を伝えるべきだ」と判断したという。児童らはこの日、教職員が付き添って下校した。

 翌日も学校は児童の心のケアに細心の注意を払った。登校前に小谷校長は不測の事態も想定して職員室で待機し、松井教頭は徒歩通学の校区内を車で巡り安全を確認。他の教職員らは通学路に立ち、登校の児童を見守った。市教委もスクールカウンセラーの派遣の用意を伝えた。

 児童らに大きな動揺はなかったものの、今回の一件が報道やネットで伝わったため、学校や市にはクマを射殺したことに対する批判の電話が相次いだ。「麻酔銃を使う選択肢はなかったのか」「子供の目の前で射殺するなんて」「学校で射殺はいかがなものか」。こうした声だ。


 これに対し、警察官職務執行法に基づいて射殺を判断した高山署の田口秀樹副署長は「人命、特に子供たちに危害を及ぼす事態には即座に対応しなければならない。校舎に入り込む危険や地理的条件など、やむを得ない状況が重なっていた以上、射殺は正当な判断だった」と話す。

 市の担当者も「ご意見は理解できるが、市民の生命、財産を守るのも行政の責務。できれば殺したくなかったが、子供に被害が出ることは絶対に避けなければならなかった」と理解を求めた。


http://jump.5ch.net/?http://www.sankei.com/west/news/171012/wst1710120004-n1.html

タイトルのまんま。人間なら誰だって平穏無事に暮らしたいし、銃声が身近な日常なんてまっぴらゴメンだ。だがしかし、現実は違ってくる。便利で住みよい社会を目指した結果が招いたリスクだろう。これだけでは無い。エネルギーや更には国防等、物事には常にリスクが付いて回る。先の大戦こそその実例だろう。
県外からキチガイクレームがあったらしいが、そういう喧しい輩こそが我が国にとって最大のリスクなのかも知れん。


9条信者大江

スポンサーサイト

Wキチガイ話し合いでポン

鳩山由紀夫元首相がツイッターで持論を展開 相次ぐ北朝鮮の挑発にも「対話の道を」「飛んで来ない環境を作ること」

鳩山幸心霊写真

 鳩山由紀夫元首相(70)が15日、北朝鮮のミサイル発射に関し自身のツイッターで「戦争で打撃を受けるのは日本だ。対話の道を開かねばならない」などと持論を展開した。

 鳩山氏は「(北朝鮮は)日本が米国の制裁に調子を合わせて踊ったから核で海に沈めると言う。かつて日本も経済制裁に耐えかねて戦争の決断をした。この国が制裁で核を放棄する筈はない。戦争で打撃を受けるのは日本だ。対話の道を開かねばならない」と強調。

 「襟裳岬の東1000キロに着水とは襟裳-東京の距離の2倍だ。それに北海道上空から落ちてくる場合には、大気圏に突入する時に燃え尽きるのではないか」とミサイルの危険性について言及した。

 政府に対して、「いたずらに緊張感を煽り、敵愾心を燃やすより、国民に平和を与えることだ。ミサイルが飛んで来ない環境を作ることだ」と迫った。

 これに対しツイッター上では「いつも対話の道を閉ざしているのは北朝鮮だろ」「じゃ、お前行って来い」「先の戦争は国際社会の制裁のせいだというご認識だったのですね」などの声が寄せられた。


http://www.sankei.com/politics/news/170915/plt1709150049-n1.html


 対話なら北のカリアゲデブと日本のLOOPYのキチガイ同士で対話したけりゃ勝手にしてろよ。今までも日本は北に対して直接間接様々な対話を繰り返してこの現状だぜ。それでも対話をって一体どういう思考回路してんだ?このLOOPYは。ミサイルが飛んでこない環境ってのは、そこの体制を崩壊させるのが世界の常識だぞ。
 嘗て軍拡を進めるナチスに対してイギリスのチェンバレンはどんな姿勢で臨んだ?結果ナチスドイツはチェコを併合しポーランドをソ連と半分子し欧州を席巻したろうが。対話は結構だが、その果てを見据えた最後の手段を先に用意するのが外交とちゃうか?こんなバカでもチョンでも分かることが理解出来んのかこのLOOPYは。

支那人と土人立ち入るべからず

土人発言の警官に「ご苦労様」撤回しない考え 松井知事

2016年10月21日19時50分

 沖縄県の米軍北部訓練場のヘリパッド移設工事現場に派遣された大阪府警の警察官が差別的な発言をした問題を巡り、ツイッターで「出張ご苦労様」と警察官をねぎらう投稿をした松井一郎知事は21日の府議会で、改めて発言内容を撤回しない考えを示した。

 この日の府議会総務常任委員会で密城浩明府議(自民)が「大阪のリーダーとして、言ったらあかんことは言ったらあかんと諭すべきだ」と指摘。松井氏は警察官の表現は不適切だとした上で「活動家の皆さんもあまりにも過激な活動をしている」と主張し、「一人を徹底的に社会から抹殺するようなたたき方をするのは違う。現場で一生懸命働いている機動隊に勤務ご苦労様だというのは当然だ」と持論を述べた。

 さらに松井氏は、密城氏が事前に通告せずにこの質問をしたとし、「一部の偏った情報しかとらずに一方的な批判をする。議員として失格だ」と批判。委員会は紛糾し、約2時間半にわたって中断した。

 府によると、府には21日午後5時までに電話などで1142件の意見がよせられた。「人権を考えない姿勢には賛同できない」という批判が6割で、警察官をねぎらう姿勢に賛同する意見も4割あったという。

http://www.asahi.com/articles/ASJBP5V8GJBPPTIL047.html

 差別的な発言って、アレか?アレ等って正しく支那人やろ。論より証拠の画像を見てみ。

沖縄基地反対派フェンス

 フェンスを掴んでキーキー喚いて、あまつさえよじ登ろうとしたり、正しくチャンコロだわ。どう考えても日本国沖縄県民とは思えない。特亜とパヨクのハイブリッド土人だろうが。本籍地を提示させたら一発だろうが。
 これ以外にも反オスプレイの集会にも紛れ込んでたな。(円内の団扇に注目)


沖縄中国団扇

 あと土人呼ばわりもあったっけ。確かに何の落ち度も無い相手をいきなり土人呼ばわりは失礼だろうよ。でもこれを見るとなあ。

ヘリパッド建設を妨害するパヨクの座り込み
沖縄左翼座り込み1_convert_20161023010229
その2
沖縄左翼座り込み2
関係車輌に抗議の飛び乗りをするパヨク
沖縄左翼座り込み3
その真似をするエテ公
沖縄左翼座り込み4

 これなら土人のほうがまだましな呼称だよ。沖縄に県外や国外から集結したパヨク活動家はエテ公以下の虱呼ばわりが相応しい。

 現大阪府知事をそれ程評価しては居ないが、今回のこの判断は妥当だよ











プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR