昨日の敵は今日の友

トラトラトラ

安倍首相が真珠湾慰霊へ、米政府・元軍人ら歓迎の声

 12月8日は日本軍がアメリカ・ハワイの真珠湾を奇襲攻撃し、太平洋戦争が始まった日から75年となります。それを前に5日、安倍総理がハワイを今月26日と27日に訪れ、オバマ大統領とともに真珠湾で犠牲者を慰霊すると発表しました。これについて、アメリカ政府やアメリカ軍の元軍人らは好意的な評価を示しています。

 「真珠湾攻撃から75年の節目に日米両首脳が戦艦アリゾナの記念館を共に訪れることは、大統領の広島訪問同様、平和への強いメッセージになると思います」(アーネスト報道官)

 ホワイトハウスのアーネスト報道官はこのように述べ、訪問のタイミングについては、「これまでも議論されていて、オバマ大統領の広島訪問と直接的な関係はない」との認識を示しました。

 また、真珠湾攻撃を生き延びた「パールハーバー・サバイバー」と呼ばれるアメリカ軍の元兵士からも歓迎の声があがっています。

 「それはとても良いことですね。これ以上無いすばらしいことです」(真珠湾攻撃を生き延びた元兵士)

 「今の両国の関係はとても良いと思います。それがさらに良くなるならすばらしいです」(真珠湾攻撃を生き延びた元兵士)

 ハワイの真珠湾では攻撃から75年になる現地7日、犠牲者を追悼する大規模な式典が開催される予定です。

 「アジア太平洋地域、さらには国際社会の平和と安定に日米同盟が大きな役割を果たしていること、こういったことを発信する良い機会だと思います。私もこの4年間、外相として務めてきました、ぜひ同行したいと考えています」(岸田文雄 外相)

 一方、岸田外務大臣は安倍総理大臣の真珠湾訪問について、「強固な日米同盟を発信する機会」として、自らも同行する考えを明らかにしました。岸田大臣は今回の安倍総理のハワイ訪問について、4年間で築き上げてきた日米同盟の「総括」と位置づけ、「戦禍を二度と繰り返してはならないという未来に向けた強い意志」を示すものと強調しています。(06日17:59)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2931781.html


 これこそが大人の外交だよな。嘗ては爆弾をお見舞いしたが、今ではきっちりと握手出来る。その上で未来派志向が築けるのなら、両国の英霊も泉下で安心出来るだろうよ。あ、特亜には無理だったか。

水師営の会見
スポンサーサイト
プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR