FC2ブログ

反日勢力が

終戦 性暴力 語り始めた女性たち 2018年8月15日 13時00分 NHK

二日市保養所

終戦直後、旧満州や朝鮮半島から祖国を目指し、引き揚げてきた女性たち。その中には、性的暴行を受けて妊娠したまま日本にたどり着き、当時違法だった中絶手術をひそかに受けた人も数多くいました。ソ連兵や現地の男性は、祖国に引き揚げようとする日本人女性に対し、性的暴行を繰り返しました。

九州大学のほかに、今のソウルにあった京城大学から引き揚げた医師たちも、人道的な観点から女性を助けたいと福岡県筑紫野市にあった施設で、中絶手術を行っていました。ある医師の調査では、手術を受けた女性は、合わせて少なくとも800人に上ると推定されています。当時のカルテなどはほとんど残されず、わずかな手がかりは医師たちの証言。


続きはリンク先にて。
https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2018_0815.html

 終にNHKも隠し遂せなくなったか。ソ連兵や現地の男性?きちんとソ連兵や支那人朝鮮人と報じられるべきなんだが。

 それにしてもこの事実が国民に広く知られることが反日左翼にとっては余程都合が悪いんだろう。だからこそ冷戦崩壊とソ連の情報公開後に急に国際問題化させたんだからな。

 従容と運命を受け入れた日本人女性の魂を踏みにじる行為を、報道だの教育だの言論の自由などとはとても呼べん。反日左翼は人でなしだ。
スポンサーサイト

眞岡の乙女たちよ、安らかに

氷雪の門

 八月九日は長崎に二発目の原爆が投下された日。昨日は広島に続き追悼行事が催されただろうなあ。だが然し、もう一つ忘れてはならないのが、北の露介が一方的に条約を破って国境侵犯を開始した日でもある。このことをキチンと昨日報じた電波媒体があったかな?恐らくはあるまい。何せ現在、報道や教育を牛耳る悪辣なパルチザン共にとって最も恐れるのが『日本人が歴史の真実を知る』ことだからなあ。

 対米戦争での都市空襲や原爆投下、更には敗戦、これら全て戦前の責任であり戦前は悪であり、戦後民主主義(笑)こそが正義であり善という虚構が崩れ去る、当然三国人の犯罪や共産主義の実態も白日の下に晒される。それだけは何とか回避しようと視聴者の目を逸らすのに必死なんだろう。

 だが、この世の真実とは常に先人の様々な思い、喜怒哀楽を受け継いで後世へと伝える一本の矢。どんなに覆い隠そうそともそれを必ず突き破る。

 終戦のどさくさに火事場泥棒と暴虐の限りを尽くした腐れ露介、アレ等を前に日本人としての儚くも清らかな最期を遂げた眞岡の交換手達。決して忘れまい。


7月29日を深く考える

アッツ島玉砕とキスカ島の奇跡

アッツ桜
アッツ桜

 明日7月29日はアッツ島玉砕後にアリューシャン列島のキスカ島から生存の全将兵を救い出した、日本人なら屹度心に刻むべき日。

 当時、キスカ島には約5200名もの守備隊がここで米軍上陸に応じて最後の吶喊をしていただろう。然し、彼らを見捨てず決死の覚悟で神重徳大佐以下海陸共同で彼らを救った奇跡の日。

 思うに今日の無様さとは大違いだ。現在の我が国は戦後憲法に雁字搦めにされ、数百名の同朋救出すら出来ない有り様だ。然もその戦後憲法の九条だけを神格化して護憲を叫ぶカルト集団が国政から地方まで我国を蝕んでいる。このままでは泉下の英霊達も浮かばれまい。


太平洋奇跡の作戦

昨日の敵は今日の友

トラトラトラ

安倍首相が真珠湾慰霊へ、米政府・元軍人ら歓迎の声

 12月8日は日本軍がアメリカ・ハワイの真珠湾を奇襲攻撃し、太平洋戦争が始まった日から75年となります。それを前に5日、安倍総理がハワイを今月26日と27日に訪れ、オバマ大統領とともに真珠湾で犠牲者を慰霊すると発表しました。これについて、アメリカ政府やアメリカ軍の元軍人らは好意的な評価を示しています。

 「真珠湾攻撃から75年の節目に日米両首脳が戦艦アリゾナの記念館を共に訪れることは、大統領の広島訪問同様、平和への強いメッセージになると思います」(アーネスト報道官)

 ホワイトハウスのアーネスト報道官はこのように述べ、訪問のタイミングについては、「これまでも議論されていて、オバマ大統領の広島訪問と直接的な関係はない」との認識を示しました。

 また、真珠湾攻撃を生き延びた「パールハーバー・サバイバー」と呼ばれるアメリカ軍の元兵士からも歓迎の声があがっています。

 「それはとても良いことですね。これ以上無いすばらしいことです」(真珠湾攻撃を生き延びた元兵士)

 「今の両国の関係はとても良いと思います。それがさらに良くなるならすばらしいです」(真珠湾攻撃を生き延びた元兵士)

 ハワイの真珠湾では攻撃から75年になる現地7日、犠牲者を追悼する大規模な式典が開催される予定です。

 「アジア太平洋地域、さらには国際社会の平和と安定に日米同盟が大きな役割を果たしていること、こういったことを発信する良い機会だと思います。私もこの4年間、外相として務めてきました、ぜひ同行したいと考えています」(岸田文雄 外相)

 一方、岸田外務大臣は安倍総理大臣の真珠湾訪問について、「強固な日米同盟を発信する機会」として、自らも同行する考えを明らかにしました。岸田大臣は今回の安倍総理のハワイ訪問について、4年間で築き上げてきた日米同盟の「総括」と位置づけ、「戦禍を二度と繰り返してはならないという未来に向けた強い意志」を示すものと強調しています。(06日17:59)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2931781.html


 これこそが大人の外交だよな。嘗ては爆弾をお見舞いしたが、今ではきっちりと握手出来る。その上で未来派志向が築けるのなら、両国の英霊も泉下で安心出来るだろうよ。あ、特亜には無理だったか。

水師営の会見
プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR