FC2ブログ

テブラ―マン知事

[知事訪米]玉城知事、県と日米両政府の3者協議を要請 辺野古移設 米は返答せず

2018年11月16日 05:00

 【ワシントン=座波幸代本紙特派員】米首都ワシントンを訪問中の玉城デニー知事は14日(日本時間15日)、国務省のマーク・ナッパー副次官補代行、国防総省のポール・ヴォスティ日本部長代行の両者と国務省で会談した。玉城知事は米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設に反対の意向を伝え、県と日米両政府の3者協議を開催するよう要請した。米側は「辺野古が唯一の解決策」と従来の見解を繰り返し、3者協議についても明確な返答はなかった。会談後、国務省は「普天間飛行場の代替施設建設は揺るぎないコミットメント(約束)」と声明を出し、玉城知事と米政府関係者との初会談は平行線に終わった。

 会談後、玉城氏は記者団に対し「辺野古が唯一と言っている限り、暗礁に乗り上げた問題だ。動かすためには、動かす立場にいる人たちが話し合わないと船は動かない」と、3者協議の必要性を重ねて主張した。

 県民が選挙で何度も新基地建設に反対の民意を示しているにもかかわらず、日米両政府が一顧だにしない状況に「県民は不満を高めている。そういう状況にあっては、日米の安定的な同盟関係、ましてや沖縄の基地負担軽減など、県民の不安は払拭(ふっしょく)できない」と、米側に警鐘を鳴らした。

 また、埋め立て予定地の一部が軟弱地盤とされていることも説明。地盤改良など、工法の変更には県知事の許可が必要であり「工事の完成にはまだまだ時間がかかる」と伝えたが、米政府側からのコメントはなかったという。「日本と米国は双方がこの問題のおのおのの当事者であり、責任者であることを忘れないでほしい」と、米政府側に強く訴えた。

 メイジー・ヒロノ上院議員(民主)、デイビッド・プライス下院議員(同)、杉山晋輔駐米大使らとも同日、面談した。玉城氏は4日間のニューヨーク、ワシントンでの日程を終え、15日に帰国の途に就く。


https://ryukyushimpo.jp/news/entry-834897.html">https://ryukyushimpo.jp/news/entry-834897.html

 県税使って外遊して何の手土産も無しか、まあ管理人はこの人物の沖縄県精が日本の一地方政治として国政に貢献するなんぞとは露程にも考えていなかったし、左程有能な首長とも捉えていなかったから驚きもしない。かわいそうなのは 「本土から入り込んだ運動家」 に翻弄される生粋の沖縄県民だろうよ。
沖縄左翼座り込み1_convert_20161023010229
沖縄左翼座り込み2
沖縄左翼座り込み3

 おっと、手が滑った。
へのこの反対派はうちなーんちゅじゃありません

スポンサーサイト

治らない病気と患者

「ジュゴンを沖縄の県獣に」 市民団体が署名活動

イエローピーポー隊

 国内で唯一、沖縄県に生息するジュゴンの絶滅を防ごうと、同県の市民団体が、郷土を象徴する獣「県獣」への指定を求めて署名活動を続けている。ジュゴンのえさ場のある大浦湾に面した同県名護市辺野古(へのこ)で、地元が反対する中、日本政府が米軍新基地建設工事を進めていることもあり、署名に多くの賛同を呼び掛けている。


 ジュゴンは浅い海に暮らす体長3メートル前後のほ乳類。沖縄は生息地の北限だが、生息数は極めて少なく、絶滅危惧種や国の天然記念物に指定されている。県によると、ジュゴンの保護を目的とした保護区域は設定されておらず、県が生息状況を調査している段階。独自に生態調査などを続けてきた「北限のジュゴン調査チーム・ザン」(名護市)の有志メンバーが「ジュゴンの日・『県獣』よびかけの会」を立ち上げ、6月に署名活動を始めた。


 呼びかけ文などによると、沖縄でジュゴンは海の神様の使いとされてきたが、国による保護策は皆無に近く、辺野古の工事で希少なえさ場が埋め立てられようとしている。「このまま生息地の撹乱(かくらん)が続けば絶滅は必至」として、ジュゴンを県獣に指定して県の保護条例を制定するとともに、ジュゴンの読みにちなんで10月5日を「ジュゴンの日」とするよう求めている。


 同会は、講演会やジュゴンをデザインした「県獣Tシャツ」も発売するなどして関心を高め、現時点でおよそ9000筆が集まった。米国や韓国など海外からも署名が寄せられているという。一定数に達したら年明けに、翁長雄志(おながたけし)知事に届ける予定。


 事務局で「ザン」代表の鈴木雅子さん(68)は「ジュゴンのようにのんびりした、平和な生き物が生きられる世界は人間にとっても幸せな世界。ジュゴンを失いたくない」と話している。


 ネットでの署名は、電子署名サイト「Change.org」から「ジュゴン」で検索。 (高山晶一)


http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201712/CK2017122602000135.html

 左翼を拗らせると馬鹿になる典型例だな。支邦という脅威を目の前にしてジュゴンを出汁に使っての平和活動とは病理か宗教か?兎に角百害あって一利無しだ。

沖縄オスプレイ反対派県外

 「ザン」代表の鈴木雅子さん(68) ?鈴木って沖縄に多かったか?どう見ても内地からの移住者にしか思えんがなあ。あ、察し。

沖縄県民が恐れるべきは中国共産党

 中共スパイには制裁を

翁長知事が辺野古工事差し止め訴訟起こせば、翁長氏個人に損害賠償を行う 政府が検討「知事権限の乱用」

沖縄龍柱

 政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の名護市辺野古移設で、同県の翁長雄志(おなが・たけし)知事が辺野古の工事差し止め訴訟を提起すれば応訴費用について翁長氏個人に損害賠償請求を行う検討に入ったことが17日、分かった。政府は翁長氏が埋め立て承認を撤回した場合に賠償を求める方針だが、加えて差し止め訴訟も提起の根拠が乏しく知事権限の乱用にあたると判断した。

 翁長氏は20日開会の県議会定例会に差し止め訴訟提起に関する議案を提出し、可決後に提訴する。

 漁業権が設定された海域で海底の岩石などを壊す作業には知事の岩礁破砕許可が必要。翁長氏は無許可工事は県漁業調整規則違反だとして提訴する。一方、政府は地元漁協から漁業権放棄の同意を取りつけているため許可は不要とする水産庁見解を示している。

 通常、差し止め訴訟は権利・利益が侵害されている場合に提起し、工事差し止めでは騒音や振動で身体に悪影響が生じているケースが多いが、辺野古の埋め立て工事で県が侵害された権利・利益はなく、請求根拠は乏しい。許可など行政上の義務履行を求める訴訟は裁判の審判対象にならないとの最高裁判決もある。

 そのため政府は、訴訟提起は知事権限の乱用として応訴費用の賠償を求める。

 翁長氏は埋め立て承認も撤回する構えで、政府は効力の停止を裁判所に申し立てるが、認められるまでの10日前後は工事が中断する。損害額は数億円に上り、その賠償請求の際に今回の応訴費用を加算する。


http://www.sankei.com/affairs/news/170618/afr1706180006-n1.html

 こんな支邦スパイは見せしめに徹底して叩くべきだろうな。沖縄に根ざした所謂「うちなんちゅ」の殆んどはこの男を支持していないらしいし、ここでガツンと一発食らわせれば戦後内地から入り込んだ左翼活動家にも痛撃になるだろう。

 それにしてもきったねえ石の柱だな。


沖縄龍柱2

 これこそが現沖縄知事の支邦への忠誠心の顕れだ。




プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR