方便と転向は違う

辻元氏は“国壊”議員か 皇室「生理的にいや」から「天皇を尊重しなければ」に変化

 いくら憲法で「言論の自由」が保障される日本でも、限度はある。

 「生理的にいやだと思わない? ああいう人達というか、ああいうシステム、ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくない」

 民進党の辻元清美衆院議員が、民間国際交流団体「ピースボート」を設立して政界進出する前、1987年3月に出版した『清美するで!!新人類が船を出す!』(第三書館)の中で、皇室についてこう記していた。皇室制度を「悪の根源」とまで断じていたという。産経新聞が9日報じた。

 これは、日本維新の会の足立康史衆院議員が8日の衆院憲法審査会で取り上げたものだ。足立氏は、皇室制度の廃止を訴えた辻元氏の過去の発言も挙げ、「こうした発言を繰り返す辻元氏が憲法審査会の幹事なのは適当ではない」と批判した。

 これに対し、辻元氏は「30年ほど前、学生時代にご指摘の発言をした」と認めたうえで、「日本国憲法の下、日本は生まれ変わり、戦争放棄の国になった。憲法に規定されている象徴天皇を尊重しなければならない。私は考えが一面的だったと痛感し、深く反省した」と述べた

 辻元氏が、深く反省したのはいつなのか。

 産経抄(10日)によると、辻元氏は衆院議員となった後の1998年に出版した著書で次のように書いているという。「(憲法)第一条から第八条までの天皇に関する規定を削除すべきだ」「天皇制について、私は個人的に反対。やっぱり抵抗がある」

 また、週刊新潮(2005年10月13日号)によると、辻元氏は東京・渋谷で開かれた女性限定のアダルトイベント「女祭」にゲスト参加した際、「国会議員っていうのは、国民の生命と財産を守るといわれてるけど、私はそんなつもりでなってへん。私は国家の枠をいかに崩壊させるかっていう役割の国会議員や」と発言したという。

 私はこの記事を読んで、憲法尊重の意思も、国会議員として国民全体に奉仕する意思も感じられなかった。「国壊議員」という言葉が頭に浮かんだ。ピースボートは、中華人民共和国や北朝鮮なども訪問したため、ネットを検索すると辻元氏との関係を指摘する記述もある。

 辻元氏は03年7月、秘書給与詐取事件で警視庁捜査2課に逮捕され、懲役2年執行猶予5年の有罪判決を受けた。すでに罪は償っているが、国民の疑念に対する説明責任は、誰より重くとも仕方ないのではないか。

 一連の疑惑に答えるためにも、辻元氏は記者会見を開き、皇室制度に対する考え方や、国会議員としての姿勢について説明すべきではないか。ついでに、「(北朝鮮の)金一族の存在は生理的にいやだと思わない?」とでも発言すれば、日本国民の留飲は下がる。

 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。著書に『儒教に支配された中国人・韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、『トランプ大統領が嗤う日本人の傾向と対策』(産経新聞出版)、『日本覚醒』(宝島社)など。


http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170617/soc1706170005-n1.html

 辻元の過去の発言と悪行は1000年は語られねばなるまい。O阪府T槻市というキチガイブラクが水没して湖にでもならんかぎりは、あそこの背乗り有権者全員が日本の敵だ。日本赤軍を地域ぐるみで匿ってたのもあそこだったしな。そんなに日本が嫌なら、辻元を国家元首にして独立すればよろし。社会主義のモデルケースとして没落してしまえ。

辻元清美をセメントいて
スポンサーサイト

悪巧みの裏に常にアレ等あり

衝撃動画!のりこえねっと「北のミサイルで尖閣を沈める」前川を擁護する寺脇研の正体も判明

のりこえねっと_convert_20170702060120
朝鮮人関東大震災4

のりこえねっとの総会で行われたシンポジウムにおいて、まんが家の石坂啓が「失敗したふりして、北朝鮮のミサイルで島(尖閣)が沈んじゃってもいい」と発言していたことが判明した。

総会は2014年6月11日に開かれ、シンポジウムの司会は辛淑玉共同代表、パネラーは、辛淑玉(まんが家)、寺脇 研(元文部省官僚、京都造形芸術大学教授、コリア国際学園理事)八木啓代(ラテン歌手、作家、エッセイスト、ジャーナリスト)の3名であった。
この中で、元官僚の寺脇研が尖閣の問題を焼肉に例えたところ、それを面白がった辛淑玉が寺脇研と石坂啓に「最後の一切れ(尖閣)残ったらどうします?」と質問した際に、石坂啓から問題の発言が行われた。

また、テレビで前川前事務次官を擁護する寺脇研が、実は民進党とズブズブの関係であったことも判明した(一部管理人編集済み)。


http://ksl-live.com/blog9557

 全く碌な面子じゃ無いわな。居座り三国人のプロ被害者と団塊の老害が発言するんじゃ無え。それも主権領土問題にだ。辛淑玉ことカラシダマは沖縄の反基地運動の元締めだし、石坂なんぞは捏造写真を元に腐れ漫画書いてた手塚門下の恥さらしだろうが。
 そんなに我国がいやならさっさと帰国しろバカチョン。飛行機搭乗も乗船もバカでもチョンでも出来るわ。
 こんな連中を許容したことこそが戦後日本の最大の失敗失政だよ。手遅れかも知れんが、警察と自衛隊共同で排除すべきだ。








続きを読む

腐れ左翼の常套手段

論より抗議後は暴力


一橋大の新入生歓迎会KODAIRA祭の実行委員会は3日までに10日に開催予定だった作家の百田尚樹さん(61)の講演会を中止すると発表した。
実行委員会は中止理由を「KODAIRA祭の理念に沿うものでなくなってしまったこと」としているが、百田さんは3日、自身のツイッターで「聞くところによると、講演を企画した学生たちは、サヨクの連中から凄まじい脅迫と圧力を受け続けていたらしい。ノイローゼになった学生や、泣き出す女子学生までいたらしい」として、左派系団体から嫌がらせがあったと主張。
「おぞましさに吐き気がする」と非難した。

実行委も「本講演会を安全に実施するため、これまで幾重にも審議を重ね、厳重な警備体制を用意していました。しかし、それがあまりにも大きくなりすぎた」などと発表しており、外部からの脅迫などを示唆している。

百田さんのツイートを受け、様々な人がツイートした。
フリーアナウンサーの長谷川豊さん(41)は「学生さんたちには耐えられなかったことでしょう。かわいそうに。こんなの、戦前と何も変わらない」、米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバートさん(65)は「表現の自由に対する不当な圧力。朝日、毎日、東京新聞、共同通信などは、講演中止の圧力をかけた勢力に対して最大級の抗議キャンペーンを展開しなければ、自分たちは左翼側のプロパガンダ機関だと自白したも同然です。まあ、読者を失うから無理でしょうが」と皮肉たっぷりに書き込んだ。
評論家の石平太郎さん(55)も「言論弾圧をやっているのは(中略)『反権力』を旗印に自由と寛容を語る左翼たちだ。彼らの本性は習近平や金正恩とどう違うのか」と批判した。

大学の学園祭などの講演会中止は昨年10月、早稲田大学で講演予定だった日本第一党党首の桜井誠さん(45)ら東京都知事選候補者のシンポジウムが中止となったことがある。
一橋大のKODAIRA祭は10、11日に行われる予定だった。


http://www.sankei.com/affairs/news/170604/afr1706040002-n1.html

 まあこれが日頃反戦平和反原発人権云々抜かす連中の実態だわな。異論他論を暴力的に封殺するのは左翼とチョーセンジンのお得意だからな。

ノイジー・マイノリティ(日本の敵)

「勝手に決めるな」国会前反対集会に500人

平成デモ暮らしー

毎日新聞2017年4月21日 23時22分(最終更新 4月22日 07時21分)

「共謀罪」法案に反対する集会の参加者ら=東京都千代田区の国会前で2017年4月21日午後8時55分、後藤由耶撮影

 国会前で21日夜、「共謀罪」の成立要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、反対集会が開かれた。成立すれば組織犯罪は計画段階で処罰可能になるとされるが、「監視社会につながる」との批判が根強い。参加者は「勝手に決めるな」などと書いたプラカードを手に、「共謀罪 絶対反対」と声を上げた。

 学生や主婦、会社員らでつくる団体「未来のための公共」と、高校生グループ「T-nsSOWL(ティーンズ・ソウル)」が呼びかけた。参加者は主催者発表で約500人。


 会社員や国会議員、大学教授らが次々とマイクを握り、法案の問題点を指摘し、廃案を訴えた。弁護士の津田二郎さん(43)は「戦前の治安維持法と同じ役割を担っている『テロ等準備罪』を、絶対に認めるわけにはいかない。入り口はテロ対策だが、出口は監視社会だ」と訴えた。【後藤由耶】

https://www.mainichi.jp/articles/20170422/k00/00m/010/148000c

 そりゃ法案成立には反対だろうよ、おまエラは。この法案で真っ先に首根っこにされる要素一杯だもんなあ。要はお天道様に顔向けできる真っ当な生活を送ってれば引っ掛からんちゅうこった。テロの準備や共同謀議と認定される破廉恥な企みさえしなければ、お縄になんぞなるまい。戦前の治安維持法云々してるが、アレだって共産主義者から転向すれば減刑されてたぞ。
 戦後日本では左派やカルトによるテロでどれだけ死人が出たよ。関連法案は常に後手後手で、新手のテロを未然に防ぐのは難しいのが現状だ。
 その法案に平和を叫んで反対するなんぞ本末転倒。平和な社会を乱し、無秩序と混沌に陥れんとするテロリストの存在こそが平和の敵だ。遠からず半島でドンパチが起きるだろう。朝鮮籍の休眠工作員もン十万と居るらしいな。それに協力する日本人も少なからず居る。そんな状況下で何の守りもなしで居られるか。


ぱよちんアンテナ




こりゃ手遅れだな

 桃の節句に国会前バカなパヨクが集う。只管アベハヤメロ、イナダヤメロと連呼して肝心要の対案を主張できない低偏差値集団パヨク。完全なビョーキキチガイ集団だ。



             ご病気がだいぶ進んでございます

 社会秩序も公序良俗も分からず品位の欠片すらないこいつ等に対処するにも共謀罪は必要だな。もっと言えば優生保護法を厳格化してこんなキチガイどもは隔離すべしだ。

デモの見分け方


プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR