腐れ左翼の常套手段

論より抗議後は暴力


一橋大の新入生歓迎会KODAIRA祭の実行委員会は3日までに10日に開催予定だった作家の百田尚樹さん(61)の講演会を中止すると発表した。
実行委員会は中止理由を「KODAIRA祭の理念に沿うものでなくなってしまったこと」としているが、百田さんは3日、自身のツイッターで「聞くところによると、講演を企画した学生たちは、サヨクの連中から凄まじい脅迫と圧力を受け続けていたらしい。ノイローゼになった学生や、泣き出す女子学生までいたらしい」として、左派系団体から嫌がらせがあったと主張。
「おぞましさに吐き気がする」と非難した。

実行委も「本講演会を安全に実施するため、これまで幾重にも審議を重ね、厳重な警備体制を用意していました。しかし、それがあまりにも大きくなりすぎた」などと発表しており、外部からの脅迫などを示唆している。

百田さんのツイートを受け、様々な人がツイートした。
フリーアナウンサーの長谷川豊さん(41)は「学生さんたちには耐えられなかったことでしょう。かわいそうに。こんなの、戦前と何も変わらない」、米カリフォルニア州弁護士のケント・ギルバートさん(65)は「表現の自由に対する不当な圧力。朝日、毎日、東京新聞、共同通信などは、講演中止の圧力をかけた勢力に対して最大級の抗議キャンペーンを展開しなければ、自分たちは左翼側のプロパガンダ機関だと自白したも同然です。まあ、読者を失うから無理でしょうが」と皮肉たっぷりに書き込んだ。
評論家の石平太郎さん(55)も「言論弾圧をやっているのは(中略)『反権力』を旗印に自由と寛容を語る左翼たちだ。彼らの本性は習近平や金正恩とどう違うのか」と批判した。

大学の学園祭などの講演会中止は昨年10月、早稲田大学で講演予定だった日本第一党党首の桜井誠さん(45)ら東京都知事選候補者のシンポジウムが中止となったことがある。
一橋大のKODAIRA祭は10、11日に行われる予定だった。


http://www.sankei.com/affairs/news/170604/afr1706040002-n1.html

 まあこれが日頃反戦平和反原発人権云々抜かす連中の実態だわな。異論他論を暴力的に封殺するのは左翼とチョーセンジンのお得意だからな。

スポンサーサイト

ノイジー・マイノリティ(日本の敵)

「勝手に決めるな」国会前反対集会に500人

平成デモ暮らしー

毎日新聞2017年4月21日 23時22分(最終更新 4月22日 07時21分)

「共謀罪」法案に反対する集会の参加者ら=東京都千代田区の国会前で2017年4月21日午後8時55分、後藤由耶撮影

 国会前で21日夜、「共謀罪」の成立要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案について、反対集会が開かれた。成立すれば組織犯罪は計画段階で処罰可能になるとされるが、「監視社会につながる」との批判が根強い。参加者は「勝手に決めるな」などと書いたプラカードを手に、「共謀罪 絶対反対」と声を上げた。

 学生や主婦、会社員らでつくる団体「未来のための公共」と、高校生グループ「T-nsSOWL(ティーンズ・ソウル)」が呼びかけた。参加者は主催者発表で約500人。


 会社員や国会議員、大学教授らが次々とマイクを握り、法案の問題点を指摘し、廃案を訴えた。弁護士の津田二郎さん(43)は「戦前の治安維持法と同じ役割を担っている『テロ等準備罪』を、絶対に認めるわけにはいかない。入り口はテロ対策だが、出口は監視社会だ」と訴えた。【後藤由耶】

https://www.mainichi.jp/articles/20170422/k00/00m/010/148000c

 そりゃ法案成立には反対だろうよ、おまエラは。この法案で真っ先に首根っこにされる要素一杯だもんなあ。要はお天道様に顔向けできる真っ当な生活を送ってれば引っ掛からんちゅうこった。テロの準備や共同謀議と認定される破廉恥な企みさえしなければ、お縄になんぞなるまい。戦前の治安維持法云々してるが、アレだって共産主義者から転向すれば減刑されてたぞ。
 戦後日本では左派やカルトによるテロでどれだけ死人が出たよ。関連法案は常に後手後手で、新手のテロを未然に防ぐのは難しいのが現状だ。
 その法案に平和を叫んで反対するなんぞ本末転倒。平和な社会を乱し、無秩序と混沌に陥れんとするテロリストの存在こそが平和の敵だ。遠からず半島でドンパチが起きるだろう。朝鮮籍の休眠工作員もン十万と居るらしいな。それに協力する日本人も少なからず居る。そんな状況下で何の守りもなしで居られるか。


ぱよちんアンテナ




こりゃ手遅れだな

 桃の節句に国会前バカなパヨクが集う。只管アベハヤメロ、イナダヤメロと連呼して肝心要の対案を主張できない低偏差値集団パヨク。完全なビョーキキチガイ集団だ。



             ご病気がだいぶ進んでございます

 社会秩序も公序良俗も分からず品位の欠片すらないこいつ等に対処するにも共謀罪は必要だな。もっと言えば優生保護法を厳格化してこんなキチガイどもは隔離すべしだ。

デモの見分け方


さっさと去ね

村山富市元首相が安倍政権に深い遺憾、「歴史的な事実をねじまげ、意図的に真実を隠している」―中国メディアレコードチャイナ

2016年11月13日 11時20分 (2016年11月13日 13時31分 更新)

2016年11月12日、新浪網によると、日本の戦争指導者を裁いた東京裁判(正式名・極東国際軍事裁判)の判決から同日で68年を迎え、村山富市元首相が中国・上海で開催中の「東京裁判と世界平和国際学術フォーラム」でビデオ談話を発表し、安倍晋三首相に対し「歴史を正視すべきだ」と求めた。

村山氏はビデオで、「日本は日中関係の歴史を正確に認識し、深い反省に基づき関係を築かなければならない」と指摘。しかし、現在の安倍政権は「歴史的な事実を故意にねじまげ、意図的に真実にふたをしている」として深い遺憾の意を表明した。

さらに、村山氏は「安倍政権は中国を仮想敵国に据え、米国の核の力に頼りつつ、日米両国の軍事力で中国に圧力をかけようとしている。日中間の最大の問題は安全保障だ。相手を敵視するのではなく、強固な信頼関係を築き、長く平和な友好関係を保つべきだ」と訴えた。(翻訳・編集/大宮)


http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20161113/Recordchina_20161113011.html

 この爺まだ己の有害性を理解できんか。この手の有徳者ぶった政治家こそが国家を危うくするのにまだ眉毛伸ばしとらんか。寛容できるかな?容赦できるかな?美談だけで罪業は洗えんぞ。 先人に唾した大罪人は支那式儀礼で墓を暴かれても文句言えんぞpan>

これぞ左翼の典型例

             ゲバゲバ90分

【尖閣問題】”戦争反対”を叫んだ人たちのトンデモな内輪モメ

 リオデジャネイロのオリンピック開幕に世界の目が集まる隙を、狙っていたはず。それほど尖閣諸島に押し寄せた中国の船団は大規模だった……。

 15隻の中国海警局の公船が接続水域を航行し、断続的に領海に侵入したのだ。これは2012年に日本が尖閣諸島を国有化して以来、最多。さらに周辺に200~300隻の漁船と称する船(注1)を従えて来たのだから、<史上最大の侵略>の序曲かと思ってしまう。

 当然、岸田文雄外務大臣が程永華・駐日中国大使を呼び出して抗議したが、

「(尖閣諸島は中国領土と主張して)活動は当然だろう」

 と、盗人猛々しい。 

 今回は上陸までは行かないようだが(注2)、日本はこれまで以上に周囲と連携を取り、中国の暴挙に歯止めをかけなくてはならない。その為の防衛や憲法を巡る論議を急ぐのは、必定だろう。イデオロギーの左右を問わずに、だ。

 ところが「平和を守れ~」とか「戦争が恐くてふるえる~」だのと、しつこく連呼していた人たちから、迫る危機に対するコメントが無い。

「もし本当に中国や韓国が攻めてくるというのなら、(略)とことん話して、酒を飲んで、食い止めます。それが本当の抑止力でしょう?」

 こんな発言をしたメンバーを抱えるSEALDs(学生とかアルバイターとか外国人が集って国会前で太鼓を叩いていた政治団体)は、何をやっていたのか? 

――内輪モメだった。

「(奥田愛基は)日和ってるというより、誤魔化していると言った方が適切だと思う」

 と、SEALDsのリーダー奥田君を真っ向から批判したのは、実質的No.2と目されるU君。理由は活動方針をめぐる方向性の違いのようだ。これに限らず有名女性メンバーが奥田君に噛みついたりと、何かと内輪モメが多いのも若さゆえなのか。

 いやいや。SEALDsと思想を近くする先輩格の方々も、負けてない。まずは大惨敗に終わった「東京都知事選」を巡って、岡田(克也)執行部批判が渦巻いたのは民進党。

「(推薦予定だった)古賀茂明なら勝てたのに!」(松原仁議員)

 執行部にポンコツ候補(鳥越俊太郎氏)を押し付けられたことへ、怒りを爆発させる党員が少なからず居たのだ。先の都知事選では自民党も分裂。特に自民都連は恥をさらしたが、野党<統一>を謳った側はもっと酷かった。馬鹿らしいので列挙するが、

<民進党・蓮舫代表代行が憲法改正の議論に加わると表明しただけで、支持者から抗議の電話・メールが殺到>

<山本太郎氏(注3)が都知事選で推していた三宅洋平氏が、仲良くなった安倍昭恵首相夫人を連れて沖縄の米軍基地工事現場に登場。プロ活動家の方々から“裏切り者”と罵倒された>

<当初、都知事選で共産党候補を有力視されていた宇都宮健児氏が、鳥越氏を推す陣営から撤退を強要されたことを暴露。SEALDsや反差別を掲げる暴力集団などから、恫喝を受ける>

 などなど。時期やモメ事の種類はさまざまだが、結果的に「内輪や陣営内の細かい違いが許せず、徹底的に追い詰める」点が共通している。中国による尖閣侵略のような大きな問題に、ほぼ誰もが言及しない点も同じだ。

 前出の宇都宮健児氏は、この手の人たちをこう定義づけた。

「(安倍首相を独裁だ! と言っている自分たちこそ)密室でものごとを決めて押し付ける。独裁だ」

 似た者同士だから、そりゃ中国に文句は言えないね。

(注1)漁船と称する船…訓練を受けた工作員が乗り込んでいる可能性大。
(注2)上陸はしなかった…米軍の警告もあったと言われている。
(注3)山本太郎…<なかまたち>に寛容なのかが試される。


http://dailynewsonline.jp/article/1178809/


 目的と手段を履き違えた偏差値28のパヨク集団乙。結局パヨクには国とか国家とかが分からないからミーイズムに陥って最後は内ゲバなんだよ。一方右派や保守派なんてのは日頃から喧嘩や論争が絶えない個性派集団だ。しかし一旦緩急あれば一致結束する純正日本人。ここに【血の違い】が顕われるんだなあ。

 パヨクの活動熱にはある意味感心するが、アレ等は活動が目的であって、その先に国家や体制のビジョンが皆無だ。所詮は身の丈知らずのナルシスト集団に過ぎん。だからこそ支那にとっては使い勝手がいいんだろうよ。まあ好きにやってミーイズムで対立して内ゲバしとれ。メディアは讃えるだろうが、ネットが普及した今日では主流には絶対に成れんわ。山岳ベース宜しく潰しあえ。


             韓国つまらぬ理由で仲間割れ
プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR