FC2ブログ

コンクリを利権に

関西生コン支部幹部再逮捕 販売会社に恐喝疑い

 滋賀県警は11日、県内の生コンクリート販売会社から現金1000万円を脅し取ったとして、恐喝の疑いで、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部の執行委員長の男(77)=大阪府池田市=らを再逮捕した。いずれも黙秘している。

 逮捕容疑は、2015年5月、生コン販売会社に対して、嫌がらせをやめる見返りに現金1000万円を要求し、大阪市内のホテルで現金を受け取った疑い。販売会社は、滋賀県内の10を超える工事現場で、関西生コン支部の組合員らから嫌がらせ行為を受けていた。

 容疑者らは、別の商社への恐喝未遂罪などで起訴されている。


https://www.sanspo.com/geino/news/20190411/tro19041114230003-n1.html


 これで何件目の逮捕だよ。しかも立憲民主の辻元の支援団体ときた。これが与党議員の関連する団体だったらマスゴミは自殺者がでるまで騒いだろうになあ。ほんと日本って報道の自由度が低すぎる。まあ隠蔽すればするほどあとでデカいバックドラフトが起こるから、その時野党や支持者は黒焦げになるだろう。

辻元清美をセメントいて
スポンサーサイト

The 老害

【沖縄】海保ボート放火の男は中核派?自衛隊沖縄地方協力本部への放火でも逮捕へ

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に対する抗議活動を警戒するため、名護市の漁港に係留されていた海上保安庁のゴムボートに発煙筒等を投げ込み放火して逮捕された職業不詳、今中元広容疑者(69)が起訴された。産経新聞によると、捜査関係者は被告を中核派の活動家とみているという。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に対する抗議活動の警戒に使われる海上保安庁のゴムボートを壊したとして、那覇地検は6日、器物損壊罪で職業不詳、今中元広容疑者(69)を起訴した。捜査関係者によると、今中被告は中核派の活動家とみられる。地検は認否を明らかにしていない。
 起訴状によると、今中被告は1月16日午前4時40分ごろ、名護市の漁港に係留中のボート2艇に点火した発煙筒を投げ込んで床を溶かしたとしている。
 現場で張り込んでいた沖縄県警に、建造物等以外放火の疑いで現行犯逮捕された。


自衛隊沖縄地方協力本部への放火も同一犯か?

 昨年の12月22日の午前3時頃、那覇市の自衛隊沖縄地方協力本部の窓ガラスが割られ、窓際にあった折り畳みベッドの一部燃えるという放火事件が発生しているが、この事件も今中被告が関与している疑いがあり再逮捕の方針が報じられている。

 もし同一犯とすれば、辺野古反対活動と自衛隊への攻撃が関連していたということになる。しかもそれが、警察白書で「極左暴力集団」とされる中核派であったとなれば、警察はさらに辺野古反対派への警戒を強めることになるだろう。


https://ksl-live.com/blog20471

cofee吹いた

 何?未だに大人どころか爺にすら成れない革命精神幼児今中元広容疑者(69)?これが例の辛子玉辛玉が言ってた「年寄りは暴れて捕まってくれ」の見本かあ?全く迷惑な連中だよ。主張したいんなら堂々と公然とやりゃあ良いんだ、暴力を用いた時が点でそいつは負け犬だ。とっとと帰国せえ。
 
 そうそう、中核派と言えばこんな動画があったなあ。

 明らかな殺人逃亡犯ですら無実だなんてほざく腐れカルトは抹殺すべきだ、辺野古に集うホンドザル共々。

腐れ外道・日本の癌

20190202160448f98.jpg

 北九州市で1日始まった日教組の教研集会では、北朝鮮による日本人拉致問題を学校で教えることについて、一部で消極的な対応があることが浮き彫りとなった。外国籍の児童生徒への教育に関する分科会では鳥取県の高校教員が、拉致被害者の横田めぐみさん(54)=拉致当時(13)=を題材にしたDVD「めぐみ」の学校での上映に批判的な内容を含むリポートを発表した。

 教員は「拉致問題を学習することは、やぶさかではない」と前置きした上で、「めぐみ」を昨年度は生徒に見せなかったことを明かした。リポートでは「めぐみ」について、「歴代の人権学習担当や組合員が在日コリアンの生徒を傷つけ、日本人生徒の朝鮮人に対する憎悪を助長する恐れがあると問題視していた」と主張。鑑賞させて感想を書かせるだけでなく、相当な事前学習が必要だとしている。

 「めぐみ」にはアニメと映画があり、いずれも政府の拉致問題対策本部と文部科学省が授業での活用を促している。アニメはめぐみさんの拉致事件を題材に家族の苦悩や救出活動を描いており、平成20年度に全国の小中高校約4万校に上映用DVDが配布された。

拉致被害者の支援組織「救う会」の西岡力会長は「在日の人々を責める内容ではなく、事実でないことは取り上げていない。北朝鮮が拉致を認めた当時から、在日朝鮮人の子供がいじめられるかもしれないと危惧する声はあった。現場の先生が心配であれば、事前学習を行うなどの配慮をした上で活用してほしい」と話している。

 アニメをめぐっては、福岡県行橋市の教育長が29年、学校で上映しない理由について市議会で「(在日韓国・朝鮮人への)いじめが起こる懸念を排除できない」という趣旨の答弁を行い、その後、撤回した。政府は学校現場で拉致問題への理解を促進するため、30年度から教員を対象とする研修を始めた。


https://www.sankei.com/life/news/190201/lif1902010030-n1.html

 ふざけんじゃねぇ、( ・д・)ぺっ!!!「 何が在日コリアンの生徒を傷つけ、日本人生徒の朝鮮人に対する憎悪を助長する恐れがある」だ。拉致被害者よりも外国籍、それも殆どが密入国した犯罪者の末裔や将来の工作員の方が大事だって?この弩腐れが。動物だって我子が突然居なくなれば死にもの狂いになって捜すわ。手前ぇ等腐れ教師は生きてる価値の無いヒトデナシだ。
 この腐れ教師組合は例え目の前で教え子が拉致されそうになっても指を咥えて見てるのかよ。それでも特定反日外国籍の心を心配するんか?在日アメリカ人児童の前では平気で原爆の非道を教えられるのになあ。とんだご都合主義だ、日教組は日狂組と改名して組合員は全員クタバレ。特定外国籍も傷付きたくないんなら帰国すればヨロシ。

 めぐみさんは生きている。必ず帰国して横田夫妻と一緒に日本で暮らす日が来る。その実現に本当の日本人は一致協力する。

20190202160804427.jpg

 

アホの証明一拍子

入管法改正、国会前に抗議の声 市民ら「議論尽くせ」

12/7(金) 21:40配信

 国会前では7日夜、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた出入国管理法の改正に反対する市民らが、「議論を尽くせ」などと抗議の声を上げた。
 ツイッターなどSNSでの呼びかけに応じた人々が次々と集まった。安保法制に反対した学生団体SEALDs(シールズ)の元メンバー諏訪原健さん(26)がマイクを握り、「外国人技能実習生の厳しい実態が明らかになる中、どうしてこのまま(法案を)通せるのか」と訴えた。

 東京都世田谷区の女性会社員(25)は留学先のスペインで、フィリピン人の元技能実習生と会った。勤務先でパワハラを受けた体験を打ち明けられ、「もう日本には行きたくない」と言われたという。「受け入れ後の支援体制など、法案は内容がほとんどないように思う。このままじゃ、また不幸な外国人労働者が増えてしまう」と危機感をにじませた。
.
朝日新聞社


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000127-asahi-pol

 あ~、これ今朝のニュースでやってたな。何サラッと日付誤魔化してんだよ。つか、映像を観る前に耳ですぐ志位るずだって分かったわ。相も変らぬ【ドチドチデケデケ】の無機質な一拍子太鼓だったからなあ。結局は移民にも外国人労働力にも反対の我が身大事でスキル磨かずのアホ外来種集団。

 日本人なら様々なリズムで様々な打ち方がある。四季折々、地方色も豊かだ。



 あの志位るずとやらは、所詮は朝鮮太鼓の延長なんだろうよ。だからあんなに無能で役立たずなのさ。
2018120720033148e.png

仕舞際ぐらい清らかにせい

辻元清美議員に“ブーメラン”? 生コン業界の“ドン”逮捕で永田町に衝撃〈週刊朝日〉

8/31(金) 7:00配信

 生コン業界の“ドン”が逮捕され、永田町に激震が走っている。

 滋賀県内の倉庫建設工事をめぐる恐喝未遂事件で、湖東生コン協同組合の加盟業者と契約するよう商社の支店長を脅したとして、滋賀県警は8月28日、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(以下・連帯)の執行委員長、武建一容疑者(76)を恐喝未遂容疑で逮捕した。

 武容疑者は、生コン業界の“ドン”と呼ばれ、政界にも大きな影響力を持っていたという。

「武委員長が逮捕とニュースでみて、凍り付くほど驚いた」とある野党の衆院議員の秘書は話す。

 連帯の関係者がこう打ち明ける。

「立憲民主の辻元清美議員らはじめ、武委員長のお眼鏡にかなった野党議員はバックアップしてきました」

 官報をみると、平成11年の辻元氏の政治資金管理団体「ポリティカ=きよみと市民」の収支報告書には、連帯がパーティ券50万円分を購入したと記載されていた。さらに平成12年にも「ポリティカ=きよみと市民」の報告書に、連帯幹部2人から計100万円の寄付をもらったことが記載されていた。

「辻元氏と武委員長の関係がメディアでクローズアップされましたが、連帯が支援していた野党議員は多数います。豊富な資金をバックに、選挙でも積極的に応援していた」(連帯の関係者)

 武容疑者がそこまで、資金を手にできるようになったのは、徹底的な闘争だった。組合活動と称して、団交に応じない会社があれば車で社長の自宅周辺を街宣。自身の組合に加入していない会社からコンクリートを調達しようとすると、工事現場近くでミキサー車を止めてしまう実力行使に出ることもあったという。

 連帯とかつてトラブルになった経営者はこう話す。

「正月の朝にいきなり轟音がしてなにかと思ったら、私の悪口をでかいスピーカーでがなり立てる。

 とんでもない近所迷惑で、頭を下げて謝りにまわりました。元旦なのに、社員もうちの家に駆けつけて大騒動でした。その後の会社の周囲で50~100人でビラまきされて、これ以上迷惑かけられないと、和解金の支払いに応じました。決して安くはない金額。労働者の味方である労組、組合がやることじゃない」

 武容疑者は2005年にも大阪府警に強要未遂、威力業務妨害などで逮捕され、起訴されている。当時の捜査関係者はこういう。

「武氏はトラブルをかかえる会社に乗り込んで、正月街宣や早朝から会社の前でビラ配りなど徹底した、いやがらせをしますのんや。それで音を上げた経営者から解決金名目でカネをとる。裁判でもそこらへんは出ましたが、ほんの一部でしたな。うちで組合のガサにいった時、すごい現金がでてきて、びっくりでした。億はあったはず。当時で100億円くらいは解決金で集めていたんやないかと噂になりました」

 そんな資金が永田町にも流れた疑いがあるというのだ。

「武委員長は年に1度くらい、永田町にやってきます。20人くらいの組合幹部を引き連れ、支援している議員を議員会館で行脚。高級ホテルに全員、宿泊して、夜は議員や秘書をまじえて、豪勢な飲み会。支援を受けている議員は、武委員長がやってくる日はどんな用事があっても、キャンセルしてやってきます。それくらい、手厚い支援が得られるからです」(前出・野党議員秘書)

 辻元清美事務所に武容疑者とのつきあい、連帯から献金を受けたことについて、取材を申し込むと、こう回答があった。

「(武氏の逮捕について)見解はありません。ご指定の人物、団体から献金を受け取った事実はありません。(武氏との)会食が何を指すか、わからないのでお答えできません」(本誌取材班)

※週刊朝日オンライン限定記事


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180830-00000066-sasahi-pol&p=2

 ざっくりブーメランに抉られたな、このキムチババア。所詮は思い上がりの成り上がりの国家に仇成す腐れ赤徒だ。もし日本人としての自覚が1μでもあるのならさっさと辞職せい、いや死ね。過日のブロック塀倒壊もおまエラによる無用の土木の結果だろうが。死んで被害者と遺族に詫びろ。

辻元清美をセメントいて
プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR