内憂は改心せねば潰すべき

高須院長「百田氏を助太刀してリベラルや民進党と戦う!」

2017.06.10 07:00

木曽将軍

 高須クリニックの高須克弥院長が世の中の様々な話題に提言するシリーズ企画「かっちゃんに訊け!!」。今回は、最近の国会の動向について訊きました。

 * * *
──現在国会では「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法の改正案や、加計学園問題が議題となっています。

高須:なんともどうしようもない議論になっているなぁ。
民進党は、どうみたって意義のある質問をしていない。とにかく難癖をつけて時間を稼いでいるだけ。それなのに「強行採決だ! 十分な議論がなされていない
!」と主張するんだから、どうにもならないよ。国会は、国民のためによりよい法律を作るべく議論を深める場所。野党のわがままを聞く場所ではない。税金を払っている国民のみなさんはよく我慢していると思うよ。

──「テロ等準備罪」についてはどうお考えですか?

高須:必要だと思う。今の世界はテロの脅威が大きな問題であることは間違いない。それを防止するための法律であり、国際組織犯罪防止条約に批准するために成立させなければならないものなのだから、反対する理由なんかない。反対するのはテロリストだけだよ。

──テロリストが摘発の対象となるのは当然なのですが、一般の人でも逮捕されてしまう可能性があるという点についてはどうでしょうか?

高須:よっぽど強引に解釈しない限りは、一般人が対象ではないのは分かりきっていること。本当だったらテロを準備しているのであれば、一般人だって逮捕できないとおかしいくらいだよ。でも、そこまでするとさすがに人権侵害になりかねないし、そういう意味でもすごくバランスがとれた法案だと思うけどなあ。

──加計学園問題についてはどうでしょうか?

高須:官邸から働きかけがあったというけど、それもまたかなり強引な解釈だと思う。そもそも、加計学園に獣医学部を新設するというのは、国家戦略特区制度による規制緩和の案件なんだよ。しかも、愛媛県としては獣医学部の新設をずっと願っていたというじゃないか。文部科学省は既得権益を守りたいがために、それを拒んでいたというんだから、どうして官邸が責められなければいけないのか分からない。

 普通に考えれば、野党が責めるべきは既得権益を守っている文科省のほうであって、規制緩和を進めようとする政府のことはむしろサポートすべきだと思う。まあ、民進党サイドが既得権益を握っているということであれば、今回の流れも納得できるけどね。でも、もしそうだとしたら、そんな民進党を支持することなんてありえない。国民の利益よりも、自分たちの利益を優先する政党に何の価値があるんだ。どう考えても、規制緩和を進める政府を支持するのが筋だよ。

──民進党は筋を通していない、と。

高須:そりゃそうだろう。本当に国のため、
国民のためを考えているというのであれば、ただ足を引っ張るだけの質問なんてありえないし、都合の悪いことから逃げまくっている姿勢もおかしいと思う。もう結局のところ、「安倍憎し」ということしか主張がないんだろうなあ。その結論ありきだから、有意義な議論ができないし、矛盾ばかりになってくるんだ
よ。

 これは国会だけじゃなくて、ツイッターをやっていても思うことなんだけど、どうも右か左かとか、安倍首相を支持するかどうかとか、そういう二元論の立場ありきで、発言する人が多い。たとえば、百田尚樹先生の一橋大学での講演会が、先生の理念に反対する人々の圧力もあって中止になった件もそう。あれは、明らかな言論弾圧だ。どんなイデオロギーを持っていたとしても、発言の場を不当に奪われることはあってはならない。しかも、それが学問の場であればなおさらのことだ。様々な意見に触れて、そこから知見を深めて、たくさん考えていくのが学問というもので、大学は一部の人々の考えを押し付ける場所ではないんだよ。

 でも、なぜかネットではこの講演会の件も「ネトウヨvs左翼」みたいな構図で語られてしまう。そういうことではないと思うんだ。もちろん、僕は百田先生を尊敬しているし、だからこそ今回の件にも興味を持ったわけだけど、これが百田先生とは異なる考えの人の講演会が潰されたとしても、同じく「言論弾圧だ」と批判していたよ。発言の場を奪われることは、筋が通っていないからね。

 ところがネットでの反応を見ていると、“右か左か”で発言している人が多すぎる。自分の立場ありきでものを話すから、まったく議論も噛み合わないし、建設的な結論も生まれない。これは本当に情けないことだ。

──思考停止状態という感じでしょうか?

高須:そう。特にリベラルを自称している人々は、安倍政権を批判するためなら何をしてもいいと思っているのか、時にすごい罵声を浴びせてくる人もいる。それで人権を守りたいというのだから、とんでもなく矛盾しているよ。そんな状況は明らかにおかしいと思うから、僕は民進党を提訴したし、百田先生の助太刀をしようと思っている。正しいことをするために、僕は戦う姿勢を見せているんだよ

https://www.news-postseven.com/archives/20170610_563181.html


 中々の名言頂きました。左右問わず保國済民は国家権力者の矜持であり国是。国是を侵す圧力勢力、特に国会審議妨害常習犯の民進許すまじ。旧民主の成りすましも含めて、郷土も祖国も愛せん奴は今後を思い知るがいいさ。

 それにしても院長はサイバラとツーショットの画像が似合うなあ。


スポンサーサイト

追い詰めるつもりが諸刃になったニダ

 読者諸氏は言わずもながら辻元疑惑はご存知だろう。

 元々は「塚本幼稚園の教育方針は怪しからんニダ」「新設される森友小学校も怪しからんニダ」から始まって、「用地買収が格安ニダ」「首相夫妻の関与が有ったに違いないニダ」から「役人の忖度が有ったはずニダ」と、連日ニュースをワイドショー化させたその裏で、

昭恵夫人と森友学園との間の疑惑追及をし続ける民進党に対して、当て付けのために作り上げられた辻元清美議員への疑惑のこと。
-----------------------------------------------------------------
産経新聞等では、3つの疑惑が挙げられている。

1.辻元清美議員が、2017年2月28日の森友学園関係各所の大阪視察の時、塚本幼稚園に無理やり入ろうとした、という疑惑。(幼稚園侵入疑惑)※1

 根拠は、籠池氏妻が2月28日に昭恵首相夫人に送信したメールの文面。

2.辻元清美議員が、極右教育をしている森友学園を潰すために、辻元議員の支援者である、労働組合「連帯ユニオン関西生コン支部」の人間を、小学校建設現場にスパイとして送り込み、問題点を見つけさせ、2017年2月23日以降に、マスコミに「現場から出てきたゴミは撤去せずに埋め戻した」と告発させたという疑惑。(生コン疑惑)

 根拠は、籠池氏妻が3月1日に昭恵首相夫人に送信したメールの文面。

3.辻元清美議員が、2010年、民主党政権で国交副大臣だった時、豊中市が、森友学園問題の国有地の隣地を購入した際に、恣意的に多額の補助金を支給したという疑惑。(豊中市補助金疑惑)

 根拠は、当時の豊中市議会の議事録での「政権が代わったからこうなったのか」という質問。

 これが現在、大手媒体(産経を除く)がひた隠しにする状況。しかもこの関西生コンなる労組は実に北朝鮮に忠実な主体思想妄信の一派。もし事あらば日本各地のライフラインを破壊して外患と共同するような反日分子である。

 然も、この関西生コンから多額の政治献金を受けていたのが、赤軍派残党を内縁にもつ辻元そのものなのだから、先日の大阪府での不審死事件も辻褄が合う。

 民進は何とかして共謀罪成立を阻止したかったんだろうが、藪を突いて蛇どころか巨大ブーメランを食らった格好だ。


            民進党辻元黒いパトロン

脱法ハーフはさっさと失ね

蓮舫氏が稲田防衛相イジメ 10年前の発言記事朗読を強要 知らないよ、またブーメランになっても…
夕刊フジ 2/1(水) 16:56配信

レンホー新ニュースキャスター_convert_20160917114555
レンホー在日中国籍

 民進党の蓮舫代表に、またブーメラン直撃か。1月30日の参院予算委員会で、稲田朋美防衛相に10年以上前の発言内容を朗読させて、執拗(しつよう)に批判したのだ。政治家や閣僚の適性を問う手法の1つなのだろう。ならば、蓮舫氏も自身の「二重国籍」問題に関わる、過去の発言を、国民の前で朗読した方がいいのではないか。

 蓮舫氏は、NHKで生中継された質疑で稲田氏に対し、「○○ページに何と書かれたか、読んでください」などといい、2007年の雑誌「別冊正論」の対談記事を直接読むよう何度も求めた。

 記事は男女共同参画をめぐり、稲田氏が「本来の男女平等は性別に関係なく、能力に応じて平等に登用されるべきだ」などと発言したもの。稲田氏は朗読に応じつつ、「10年以上前の一衆院議員としての発言であり、対談の一部を取り出して朗読することにも疑問がある」と、質疑自体を問題視した。

 これに対し、蓮舫氏は「10年前だから関係ないのか」などと批判した。

 閣僚や政治家が、過去の発言を問題視されるのは当然だ。有権者が適性や人間性を判断する一助となるからだ。蓮舫氏についても、「二重国籍」問題に関わる過去の発言は興味深い。

 蓮舫氏は問題が発覚した昨年9月、「台湾籍は抜けているという認識は、ずっと持っていた」などと説明したが、新聞や雑誌の取材やインタビューで以下のように発言していた。


 「赤いパスポート(=日本旅券)になるのがいやで、寂しかった」(朝日新聞1992年6月25日夕刊)

 「父は台湾で、私は、二重国籍なんです」(週刊現代93年2月6日発行号)

 「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」(朝日新聞93年3月16日夕刊)

 「だから自分の国籍は台湾なんですが」(CREA97年2月号)


 ぜひ、NHKの生中継で朗読してほしい。

.http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170201-00000012-ykf-soci

 重箱の隅を突いたつもりがブーメランになって帰って来る。例の法則は健在だな。それに学べないこいつ等は正しく特亜だよDNAレベルでな。日本人の精神衛生上生きていてはイカン連中だ、命脈を絶つべしだな。非物理的攻撃方法は幾らでもある。あ、でもコイツの選挙区は愚民ブラクだから無理か。



こいつら日本人じゃねえ

                   麻呂を釣る気でおじゃるか

民進党「皇室典範改正で対処を」 検討委の中間報告概要判明 女系天皇、女性宮家創設も

2016.12.18 06:16

天皇陛下の譲位に関する法制備をめぐり、民進党の「皇位検討委員会」(委員長・長浜博行副代表)がまとめた中間報告の概要が17日、わかった。陛下のご意向や高齢化社会の現状を踏まえ「恒久的な退位の制度を整える必要がある」として、政府が検討する一代限りの特別措置法ではなく、皇室典範の改正で対処すべきだと明記した。政府と野党第一党が異なる方針を掲げることで、来年の通常国会にも予定する法整備は混乱する可能性が出てきた。

 中間報告は、21日の党常任幹事会で正式決定する。

 中間報告では、陛下が譲位の意向を示された8月8日の「お気持ち」を詳細に分析。「天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます」と述べられたことなどを踏まえ、公務の負担軽減の優先だけでは問題の解決にならないとした。

 さらに、日本人の平均寿命が80歳を超え、今後も類似の事態が起こる可能性があるとして「退位は陛下一代限りでなく、恒久的な制度を整えるべきだ」とも指摘。皇位は憲法2条で「皇室典範の定めるところにより、これを継承する」となっていることも踏まえ、皇室典範を改正し、恒久的な譲位制度を作るよう求めた。


http://www.sankei.com/politics/news/161218/plt1612180010-n1.html


 終に本音を吐きやがったな。上辺だけ繕ってその実は日本の破壊だろうが。身も心も日本人じゃねえからこんな事を平然と言いやがる。聖と俗の区別も出来ない成りすましの背乗り民族どもが。それともこいつ等現代の道鏡か?どっちにしろこうやって皇位継承を政争の具にして民族を分断させるのが狙いなんだろうが。畏れ多くも御簾の奥の聖上に対し奉り、賎しき民進党如きが物申すなんぞ戦前なら不敬罪の政治犯だ。

 此処もクリック。↓
        背乗り

 民進党死ね【比喩】。

破れ奉行天に代わって

竹鋸準備

蓮舫代表 専門家の人選に疑問 国会で早急に議論を

民進党の蓮舫代表は、記者会見で、天皇陛下の退位などを検討する政府の有識者会議が行った専門家へのヒアリングで、退位に賛否両論が出たことは「国民の考え方とは開きがあった」と人選に疑問を呈したうえで、国会で早急に議論を始めるべきだという考えを示しました。

天皇陛下の退位などを検討する政府の有識者会議は、先月30日まで3回に分けて行った、専門家からのヒアリングの結果、退位に賛否両論が出たほか、法整備の在り方をめぐっても意見がわかれました。

これについて、民進党の蓮舫代表は記者会見で、「意見が二分されていて、国民の考え方とは開きがあったように思う。ヒアリングの人選が、どのように進められたのか疑問を感じていることは事実だ」と述べました。

そのうえで、蓮舫氏は、「天皇の地位は、国民の総意に基づくと憲法で定められている以上、最も重要なのは国会の審議だ。政府・与党は、速やかに与野党で審議する場所を設定してもらいたい」と述べ、国会で早急に議論を始めるべきだという考えを示しました。

さらに、蓮舫氏は「生前退位だけではなく、女性天皇や女性宮家なども合わせて考えていくものなのかなと思っている。時間軸の問題も含め、国会で議論すべきだ」と指摘しました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161201/k10010791621000.html

 このチャンコロ終に神聖不可侵な域に踏み込みやがったな、日本人DNAゼロの河原乞食分際で。これが元政権与党にして野党第一党の正体だ。こいつ等の体には日本人の血は一滴も無い。我国の成り立ちと戦後憲法を天秤に掛けて戦後憲法を上に置きやがった。伝統国家の意味も分からんパア介の、しかも未に戸籍も公開出来ない八路の特務がよくも言いやがったな。そしてそれに一切苦言を呈しない民進党議員と党員共よ。

 皇室のあり方に世俗が口出しをすれば天下大乱を招く元なんだよ。コイツと民進(旧民主)党、国分寺の庭で遭おうず。じっくり108回挽いてやる。


                レンホー共匪的特務娘子

プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR