FC2ブログ

万感の思い

「銀河鉄道999」再び旅立つ 松本零士さん11年ぶり新作執筆

999車掌

 漫画家の松本零士さん(80)が2007年から中断していた代表作「銀河鉄道999」の執筆を再開し、11年ぶりの新作が完成したことが23日、分かった。タイトルは「ドリームブラックホール」で、1970~80年代に一大ブームを巻き起こした未完のSF大作が、新展開へ再始動する。

 同作は、機械人間が支配する未来が舞台で、主人公の少年、星野鉄郎が謎の美女メーテルと共に銀河超特急999号で宇宙を旅し、成長する物語。77年から81年まで「週刊少年キング」で連載、テレビアニメや劇場映画が大ヒットした。96年に別の雑誌で続編が始まったが、連載30周年を機に発表された11年前の作品が最後となっていた。

 関係者によると、新作は銀河系内に出現した謎の「暗黒トンネル」を探るため、999号に乗り込んだ鉄郎とメーテルの「終わりのない旅の始まり」を計32ページにわたって描く。松本さんの生誕80年を記念して28日に刊行される「松本零士 無限創造軌道」(小学館)に収録される。


http://www.sankei.com/smp/entertainments/news/180223/ent1802230017-s1.html

 おおお~!!!管理人が正に小学生時代に毎週楽しみにしてた名作がまた出発進行か!あの作品こそが松本漫画の真骨頂だよ。只の漫画やアニメでは無い。鉄郎とメーテルが降り立つその各停車惑星に様々なドラマがあって、鉄郎は終着駅にたどり着くまでに少しづつ成長し、それを見て管理人も成長を少しばかりしたんだ。
 出来ればキャストもオリジナルで是非アニメ化して欲しい。



スポンサーサイト

ヘンなモン混ぜるな

朝鮮地図


西日本新聞ニュース社会..
.古墳時代のすずり出土 福岡市の比恵遺跡群 「奴国で文字使用」

2018年02月17日 06時00分

 福岡市は16日、比恵遺跡群(博多区博多駅南)から3世紀後半の古墳時代とみられる石製すずりの一部が出土したと発表した。遺跡群は古代中国の史書「魏志倭人伝(ぎしわじんでん)」に登場する「奴国(なこく)」の中心部にあり、市は「邪馬台国時代に奴国での文字の使用を示す貴重な発見」としている。

 市埋蔵文化財課によると、出土した石製品は、板状で幅4・7センチ、長さ最大5・4センチ、厚さ0・8センチ。形状や、表面の磨かれ具合などから、すずりとみられるという。2016年7~8月の事務所建設に伴う発掘で見つかり、専門家に調査を依頼して判明した。

 筆やすずりなどの文具は、弥生時代中期(紀元前1世紀前後)以降に、朝鮮半島から西日本に広まったとされる。弥生時代のすずりは、三雲・井原遺跡(福岡県糸島市)や中原遺跡(同県筑前町)など4遺跡で出土しているが、その後の古墳時代前期(3世紀後半)のすずり出土は国内で初めてという。

 比恵遺跡群は、弥生時代に奴国の拠点集落があったとされ、これまでも竪穴住居跡や小銅鐸(どうたく)などが見つかっている。市の担当者は「奴国が、文字文化もある重要な場所だったことを示す史料になる」と話した。

=2018/02/17付 西日本新聞朝刊=

http://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/394877/

 発掘物にサラッと嘘を練りこむ悪質なフェイクニュースだな。何が奴國(なこく)だ?あの金印の全文は漢倭奴国王(かんわどのこくおう)、詰まりは中華から観て卑しい奴ばらという意味だよ。
 筆やすずりなどの文具は、弥生時代中期(紀元前1世紀前後)以降に、朝鮮半島から西日本に広まったとされる?では上に書いた金印を誰がどう読んだ?文具?半島にソンなもんがあったか?
 確かに漢字は表意文字としては最も優れた文字だろう。然し、時に曲解を招きそれが支那における天下騒乱の元凶になったのを知らんのか?これを書いた秀才大卒記者は。
 しかも今のネット時代に完全否定されている経由説渡来説を持ち出すなんぞ、正しく「頭隠してエラ隠せず」だわ。

 ついでだ。管理人は特亜とマスゴミには徹底的に冷淡なんでな。

■三韓征伐・任那日本府の歴史

【朝鮮半島の石碑・歴史書】
・広開土王碑
『そもそも百済と新羅は高句麗の属民で朝貢していた。しかし、倭が391年に海を渡り百済・加羅・新羅を破り、臣民となした』
『399年 新羅からの使者が「多くの倭人が新羅に侵入し、新羅王を倭の臣下としたので高句麗王の救援をお願いしたい」と願い出たので、高句麗王は救援することにした。』
『400年 倭が新羅の王都の城中に満ちていた』
『404年 倭は無法にも、帯方郡に侵入した』

・三国史記(百済本紀)
『397年 阿辛(あしん)王は倭国と友好関係を結び、太子の腆支(てんし)を人質として倭に送った』

・三国史記(新羅本紀)
『402年 倭国と通好して、奈勿(なこつ)王の子、未斯欣(みしきん)を人質として倭に送った』


【中国大陸の歴史書】
・宋書
『451年 倭王済を使持節、都督、倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事、安東大将軍に叙した』

・南斉書
『倭王武を使持節、都督、倭・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓六国諸軍事、安東大将軍に新に叙し、号を鎮東大将軍と為した』

・梁職貢図
『斯羅國は元は東夷の辰韓の小国。魏の時代では新羅といい、劉宋の時代には斯羅というが同一の国である。或るとき韓に属し、あるときは倭に属したため国王は使者を派遣できなかった』

・梁書
『倭王武を使持節、都督、倭・新羅・任那・伽羅・秦韓・慕韓六国諸軍事、鎮東大将軍に叙した。502年、梁の高祖(武帝)が即位し、倭王武を征東大将軍に進号した』

・隋書
『新羅・百済は、みな倭を以て大国にして珍物多しとなし。並びにこれを敬い仰ぎて、恒に使いを通わせ往来す』

吉兆

5季ぶり「御神渡り」せり上がり最大数十センチ

2018年02月02日 08時16分

 諏訪湖で1日、湖面を覆う氷がせり上がる「御神渡おみわたり」が出現した。

 判定する長野県諏訪市の八剱やつるぎ神社の宮坂清宮司(67)が確認した。2013年1月以来5季ぶりで、同神社は御神渡りを正式に認定する拝観式の開催準備に入る。

 御神渡りは、凍結した湖面に亀裂が入り、気温差で膨張と収縮を繰り返した氷が、割れ目に沿って山脈のようにせり上がる現象。諏訪湖では、諏訪大社上社(諏訪市)の男神が、下社(下諏訪町)の女神の元へ通った道筋とも言われる。

 この日は、湖の南側から西側に向かって数百メートルにわたって確認され、せり上がりの高さは最大で数十センチを記録した。

 今冬の諏訪湖は1月15日に全面結氷したが、その後の雨で氷解。27日に再び結氷してからは、冷え込みが続いていた。

2018年02月02日 08時16分 Copyright © The Yomiuri Shimbun


平成三十年御神渡

http://www.yomiuri.co.jp/national/20180201-OYT1T50114.html

 五年ぶりかあ、諏訪の氏子衆はさぞや大喜びだろうなあ。管理人は筑摩者だが、塩尻峠を挟んでるだけで謂わばお隣様みたいなもんだ。今は加賀に棲む身だがとても嬉しいニュースだよ。

 科学的には自然現象であってもそこに人ならぬ神の力を感じるのが本来の日本人なんだよな。自然の中に神を見い出し畏れ敬うことこそが真のエコロジーでは無かろうか?

 それにしても目出度い。今年はきっといい年になる。
プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR