往生際の悪さは流石特亜血統

慰安婦記事、捏造でない 元朝日・植村氏が講演 室蘭
08/20 07:00

マスゴミ植村隆

 従軍慰安婦報道に関わった元朝日新聞記者で韓国カトリック大客員教授の植村隆さんが18日夜、室蘭市内で「歴史修正主義とたたかうジャーナリストの報告~私は『ねつ造記者』ではない」と題して講演した。

 植村さんは1991年、韓国在住の元従軍慰安婦の証言を巡る記事を執筆。2014年に雑誌や一部ジャーナリストが「記事は捏造(ねつぞう)で、これを発端に慰安婦問題が国際化して日本批判が広がった」と指摘。植村さんは、非常勤講師を務めていた北星学園大(札幌)に脅迫状が送りつけられるなどした。

 講演で植村さんは記事を捏造とする雑誌やジャーナリストの主張の誤りや矛盾点を指摘し、「元慰安婦の取材をしたこともない人がバッシングしている。元慰安婦のおばあさんたちの尊厳を傷つけている」と述べた。

 従軍慰安婦を否定する勢力について「教育、メディア統制を通じて戦後民主主義を破壊し、改憲への地ならしをしようとしている」と批判。「歴史研究や歴史教育を通じて同じ過ちを繰り返さない固い決意をあらためて表明すべきだ」と訴えた。

 講演会は市民団体「憲法を守る室蘭地域ネット」の主催で、約100人が詰めかけた。(中橋広岳)


http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0306519.html


 まだ生きてやがったかコイツ。コレとアカ匪新聞のせいでどれだけ日本が不名誉を被ったか、、、確信犯だろうよ。何せゴルビーさんのグラスノスチ(情報公開)以降に急に国際問題化させたアカ匪の上にアカネコ記者なんだからな。

>2014年に雑誌や一部ジャーナリストが「記事は捏造(ねつぞう)

 聞き取り記事だけで裏取らなかった上に、親族が挺対協幹部と来たらグレーでは済まされんぞ。

>これを発端に慰安婦問題が国際化して日本批判が広がった
 その通りだろうが、この腐れエラ。火の無いところに火種を落としてのマッチポンプはアカ匪の常套手段だろうが。実例は枚挙に暇が無いぞ。

>常勤講師を務めていた北星学園大(札幌)に脅迫状が送りつけられるなどした
 これこそがカルトパヨクの真骨頂だ。ある以上の年齢なら憶えていよう。オウム真理教に強制捜査が入った時に、オウム信者がしきりに「宗教弾圧ヤメロ」と叫んで被害者ぶってた光景を。全く同じメンタリティだから加害者なのに被害者ぶるんだよ。

 こいつ等アカ匪新聞のアカネコ記事のせいで、海外で苛めや差別に遭ってる多くの邦人が実際に居るんだよ。彼らの苦痛もアカ匪にとっては養分なんだろうよ。日本人失格の腐れ外道新聞だけは決して許さん、築地の本社ビルが更地になって、アカ匪記者とその三族が悶死したその跡地に便所を建ててやる。

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR