居直り猛々しさは正に特亜マインド

「慰安婦捏造」の汚名に事実で反撃~元朝日記者・植村隆さん


      マスゴミ植村隆

   林田英明

 この言いがかりに黙っているわけにはいかない。元朝日新聞記者、植村隆さん(58)は覚悟を決めて反撃する。今年2月に出版した『真実~私は「捏造記者」ではない』(岩波書店)は増刷と好評。各地で講演を引き受け、ジャーナリズム全体にかけられたバッシングに正面から向き合う。9月7日、福岡市で開かれた集いには110人の参加者があり、質問にも丁寧に応じる姿が印象的だった。本人と話してみて思う。「捏造」を唱えるほうこそ捏造ではないか。「慰安婦」問題と取り組む九州キリスト者の会主催。

●『週刊文春』の記事が火付け

 植村さんの環境が一変したのは2年前、『週刊文春』2月6日号に掲載された「“慰安婦捏造”朝日新聞記者がお嬢様女子大教授に」という記事だった。「見るたびに腹が立つんですが、大事な資料です」と会場に提示する。1991年8月、当時大阪本社社会部の在日・人権担当時代に書いた元「慰安婦」金学順(キム・ハクスン)さんの証言に対し、軍による関与はなかったと考える側を勢いづかせるバッシングである。前年6月の参院予算委で「(慰安婦は)民間業者が連れ歩いた」と政府が答弁し、韓国民主化の中で声を上げる女性たちが出てきた。植村さんは韓国留学の経験もあり、ハングルは得意だ。元「慰安婦」の紹介をされ2週間取材したが、家族にもひた隠しにしてきたつらい体験を日本の若者にそう簡単に打ち明けられるわけがない。「戦後も語れなかった女性たちの胸の痛さに当時は思い至れなかった」と植村さんは自省を込めて振り返る。

 そして翌年、金学順さんが告白する段階で事態は動き出す。植村さんは、韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)が聞き取り調査した録音テープの内容を紹介する形で8月11日、「思い出すと今も涙」という見出しで記事化した。まだこの時は68歳の匿名である。その後、金学順さんに聞き取り調査をする弁護団に同席して12月25日、「かえらぬ青春 恨の半生」との記事を実名と本人の写真付きで書く。「だまされて慰安婦にされた」という表現はあっても「強制連行」という字句はない。

 植村さんをたたく側は、この記事をもって「反日」の極みと考える。しかし、金学順さんの訴えが世界に広く伝わったのは朝日の記事ではなかった。8月11日を節目と見て帰国した植村さんには予想もしなかったことが3日後に起こる。金学順さんが記者会見を開いたのだ。金学順さんはその後、被害者として損害賠償請求を起こした。この勇気ある発言を受けてアジア各地で名乗り出る人が次々と現れた。金東元(キム・ドンウォン)監督のドキュメンタリー映画『終わらない戦争』(2008年)に映し出される金学順さんの会見時の様子を解説しながら植村さんは「二つの記事だけで有名になって、そうして歴史は作られる」とため息をついた。


 以下長ったらしいのでリンクを参照。

http://www.labornetjp.org/news/2016/1001hayasida

 全くパヨクとマスゴミと特亜は親和性が高いんだな、何の良心の呵責も無く次から次へと嘘を吐き続ける。戦後50年経っていきなり教科書への記載云々の原因を作ったのがアカ匪であり植村の【挺身隊】記事だろうが。何の裏も取らずに見出し記事書いたのと、その誤りを指摘された時に訂正せんかった時点で捏造だわ。然もその金学順(キム・ハクスン)の証言が何度も入れ替わって一貫性が欠けるのを見てみぬ振りしてな。或いはもし、本気で証言を信じての報道なら【カルトの教義】を活字で垂れ流したに他ならん、謂わば反日機関紙報道でしかない。ジャーナリズム、ジャーナリスト失格の落書き犯だ。

 今では退社して南トンスルに逃げて学者面してるようだが、この捏造の罪業は末代まで祟ると思い知れ。嘗ておまエラ大好きな毛沢東は「階級闘争を日々語れ」と言ったが、愛国者はおまエラ「アカ匪の捏造を刻々語る」ぞ。腐れエラ張りDNAが途絶えるまでな。転向は認めん。築地のウンコ色のビルにぺんぺん草が生えてもまだ許さん。 いっそ親族と代々の墓石全部を南トンスルに移してしまえ。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR