ナントカ還元水と国籍、どっち?

民進・蓮舫代表 戸籍説明せず「極めて個人的な件」 二重国籍問題で維新が証明求めたものの…

                    レンホー共匪的特務娘子

 民進党の蓮舫代表は6日の記者会見で、日本国籍の選択を宣言した日が明記されている自らの戸籍について、「極めて私の個人的な戸籍の件に関しては、みなさまの前で話をしようとは思っていない」と述べ、内容を説明しない考えを明らかにした。

 蓮舫氏が9月まで日本国籍と台湾籍を持っていた「二重国籍」問題をめぐっては、日本維新の会の足立康史衆院議員が3日の衆院予算委員会で、「蓮舫氏が国籍法で定めた『国籍の選択宣言』をしていない疑惑がある」と指摘。宣言した日を証明するため、戸籍謄本の内容を説明するよう求めていた。

 蓮舫氏は会見で、昭和60年1月に日本国籍を取得した点に関連し、「私は日本国籍を取得した時点で、全ての事務作業が終わったと思っていた」と説明。「ただ今回、いろいろご指摘があって、台湾籍が残っていることが明らかになったので、台湾籍の放棄を急ぎ、実際に籍が抜けたことになったので、区役所に届けたまでだ」と述べた。


http://www.sankei.com/politics/news/161006/plt1610060046-n1.html

 盗人猛々しいと言うかまあ、この居直りっぷりは毛沢東未亡人の江青もビックリだろうよ。流石は特亜工作員、ダブルスパイの面目躍如だよ。

 国民の大半は忘れちまったか知らねえが、この畜生は過去に閣僚の一人を自殺に追い込んでる。それも偏向媒体のテロビアカ匪と組んでなあ。所謂「ナントカ還元水殺人事件」だ。政治資金の帳簿問題で人を一人殺しておきながらも何の罪悪感も持たず、国籍という主権に関する重大な一件には頬かむりして逃れようとしやがる。こんなのを国政に送り込む有権者共々、世が世なら三尺高い木の上だよ。


              磔

 破廉恥工作員には死を。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR