多謝、高砂の同胞

東日本大震災6年 「がんばれ」と日本語でエール 台湾でも追悼式典

   日台友好相合傘

産経新聞 3/11(土) 17:38配信

 【台北=田中靖人】東日本大震災から6年となった11日、台北市内の日本台湾交流協会台北事務所で「追悼感恩会」が開かれ、日台の関係者約80人が犠牲者に黙祷(もくとう)をささげた。

 震災で台湾からは約200億円に上る義援金が寄付された。交流協会台北事務所の沼田幹男代表(駐台大使に相当)は「台湾は心と心がつながった特別な友人だ」と改めて謝意を表明。台湾の対日窓口機関、亜東関係協会の邱義仁会長は「震災という不幸の中で、台日間の人々の感情(の交流)が想像を超えて深いことが発見できた」と応じ、復興に向け「がんばれ」と日本語でエールを送った。

 式典には、総統の諮問機関「国家安全会議」の呉●燮秘書長らも参加した。

 一方、この日は台北など3カ所で、蔡英文政権が掲げる2025年の脱原発目標の具体化を求めるデモも行われた。


●=刊の干を金に

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170311-00000549-san-cn

 やっぱいいな~、台湾は。51年間の短い間だったが、同じ日本人同士だったんだし、益々親近感が湧いたよ。正式な国交は無くてもお互いの国同士こういう友好はじつに好ましい。

日台友好このへんにおいでよ




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR