志位るずの後ろ盾、バカ晒す

「自民への一票、憲法改悪と戦争への一票」共産・市田氏

2016年6月26日21時35分

     日本共産党議会制民主主義をぶっ壊す

■市田忠義・共産党副委員長

 わたしは自民党改憲草案を読んで驚いた。憲法9条2項を削って国防軍を創設する、とある。海外での武力行使は無条件で可能になる。実は、わたしは8人兄弟のうち4人を戦争中に亡くした。先の大戦では多くの尊い命が奪われた。その教訓の上に立って、二度と再び戦争はしないと誓い合って勝ち取ったのが憲法9条じゃなかったか。絶対に変えさせてはいけない。自民党への一票は、憲法改悪と戦争への一票だ。(京都市内での街頭演説で)


http://www.asahi.com/articles/ASJ6V6DC5J6VUTFK00G.html

 所謂護憲派平和主義者(棒)ってどんな思考回路してんだろうね?憲法を改めて自衛隊の呼称を変えただけで戦争になるなんて、1+1=10000位の飛躍なんだが。

>海外での武力行使は無条件で可能になる

 戦う相手が現れなければね。戦前の支那みたいに生き残りをかけて日本を出汁にするようなのとか、国内経済の行き詰まりを戦争で解決しようと目論んだF・D・Rみたいなのがね。

>その教訓の上に立って、二度と再び戦争はしないと誓い合って勝ち取ったのが憲法9条じゃなかったか

 何さらっと捏造してやがるんだよ。現行憲法はあくまでも「GHQの占領政策」でしか無いわ。制定に関わった日本人は一人も居らんぞ。


>自民党への一票は、憲法改悪と戦争への一票だ


 憲法も含めて法律を時勢に合わせて変えるのが立法府である国会と国会議員の役割だろうが。大体戦後日本国憲法(笑)、特に九条が何かの役に立ったかよ。領土も拉致も解決できない足枷だろうが。戦争への一票?何処と何の理由で戦争するんだよ。仮に他国と緊張状態になってもぎりぎりまで戦争を回避する策を講じるのも国会議員の務めだろうが。選挙前から職務放棄かよ、この税金泥棒が。

 日本共産党は口を開けば平和だ護憲だとホザクが、その歴史は血塗れだろうが。戦前ソ連から日本国内での暴力革命を命令され、数多くの暴力事件を起こし、ミヤケンに至っては同志をリンチ殺害し。戦後に【破壊活動防止法】制定の大元を作ったのが現在の日本共産党(コミンテルン日本支部)だろうが。暴力革命路線への総括も、ミヤケン独裁への批判も出来んテロ集団がデカい口叩くな。レーニン、スターリン、毛沢東と抱き合って地獄に堕ちろ。

             日本共産党は監視対照



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR