FC2ブログ

祖国は昔から賢かった

日本は賢い! 古代中国から「なんでも闇雲に学ぶのではなく、取捨選択をした」=中国メディア

2018-03-31 11:12

 日本はかつて古代中国から多くのことを学んだが、すべてをやみくもに導入したわけではない。歴史を通じて有名な官吏採用試験制度である「科挙」や「宦官」は、日本で広まることはなかった。中国メディアの今日頭条は25日、日本はなぜ中国の科挙制度や宦官制度から学ばなかったのかと題する記事を掲載した。

 日本が遣隋使や遣唐使を通して中国から多くを学んだのは事実だ。しかし記事は、「遣明使や遣清使がなかったことからわかるように、明や清には学ぶべき文明はなかった」と指摘。本当に進んでいた隋や唐からは学び、進んだ文明ではなかった明や清からは学ぶことはせず、のちに西洋から学ぶことにした日本は賢いと論じた。

 特に、日本人が科挙と宦官の制度を採り入れなかったのは、非常に賢い選択だったという。科挙は階級の固定化問題の真の解決にはならず、むしろ、「中国人の根底に流れる卑しさ」を生んだと指摘した。紙の上でへつらって科挙を受けるか、宦官としてへつらって金のために自ら妖怪になるしかなかったからだいう。

 では、「科挙にはまってしまわなかった」おかげで、日本はどんな方向に進んだのだろうか。記事は、日本が全国に今の小学校教育を普及させたのは正しかったと称賛。中国が科挙を採用していた清の時代に識字率が10%だったのに対して、科挙を取り入れず階級が固定化していた日本では40%だったという。しかも、これには各階級の武士も含み、彼らは西洋の騎士のように文武両道だったと中国との違いを指摘した。

 科挙制度がなくても日本では識字率が高かったことは注目に値することだ。これは寺子屋などがあって庶民でも文字を学ぶことができた環境も大きいだろう。いずれにしても日本人は、良いものだけを選りすぐって学び導入することに長けていたと言えそうだ。(編集担当:村山健二)


http://news.searchina.net/id/1656407?page=1

 今頃気付いたの?我国には科挙や宦官だけでなく、纏足や阿片等々「知識」としては輸入されても実行されなかったものは幾つもある。
 もっと言えば、遣隋使や遣唐使は「日本には無いもの」を補うために派遣されたのであって、別に支那と師弟関係であったわけではない。このことは「旧唐書」をみれば一目瞭然だ。
 それにしても返す返すも口惜しいのは、このことのに支那人の方が先に気づいたという点だ。あの国でさえこんな意見がネットで出回るというのに、我国では未だににGHQ⇒日教組の反日史観が蔓延っている。




 上の動画には多少の異論もあるが、日本は日本としての一つの文明圏であり、シュリーマンが唱えた四大文明や、中南米のマヤ・アステカとも違って太古の精神が現代に受け継がれてるんだよな。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

旧唐書は倭国と日本が並立して記述されています。そして日本書紀に記述されているような古代天皇や古代皇族の名前があるのは日本であり、倭国ではありません。日本は倭の別種也とあり、古来から中国外交をしてきた倭国とは違い、委奴国王、倭国王帥升、卑弥呼、壹与、倭の五王、阿毎多利思北孤等の王統とは違うようです。

Re: タイトルなし

> 旧唐書は倭国と日本が並立して記述されています。そして日本書紀に記述されているような古代天皇や古代皇族の名前があるのは日本であり、倭国ではありません。日本は倭の別種也とあり、古来から中国外交をしてきた倭国とは違い、委奴国王、倭国王帥升、卑弥呼、壹与、倭の五王、阿毎多利思北孤等の王統とは違うようです。

 まだまだ勉強不足でした。
プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR