ありゃま、ほうじゃあるめぇ

げんばのじょう -玄蕃之丞

玄蕃之丞

あらすじ
信州の塩尻、桔梗ヶ原と呼ばれる土地に、はなという女の子が住んでいた。はなは家族思いの優しい女の子で、特に曾祖母である千代のことを、ばばちゃんと呼び慕っていた。ある日、はなの村に“夏川源左衛門一座”という旅芸人がやってくる。村人は大喝采で彼らを迎え、祝儀をはずむ。興行を終え、祝儀の中身を確認していた彼らのリーダーは、好物の“おやき”を見つけたことで興奮し、キツネの姿になってしまう。彼らの正体は実は、辺り一帯のキツネを束ねる、玄蕃之丞(げんばのじょう)とその仲間、お夏と新左衛門が人間に化けた姿だったのだ。正体がばれたと思い、焦った玄蕃之丞は、「正体を秘密にしてもらう代わりに一つだけ願いを聞いてやる」とはなに提案する。その申し出にはなは、「ばばちゃんに桜を見せてあげたい」と答えるが……


玄蕃之丞2
http://anime.eiga.com/movie/105454/

 やいやい、随分とローカルな伝承が知らねえ間にアニメになってちまってたじやい。(尻尾は出て無ぇな、、、)でも、こういった素朴な伝承や民話を元にした発展型の物語こそが地域に誇りや活力を宿らせるんだよな。

 信濃を離れて十数年、加賀者になって数年目の半端者謂わば余所者半分の管理人ではある。然し寧ろ半分県外者同然だからこそ却って生まれ在所を見直すことが出来る。

 大北や南安曇、筑摩や諏訪それぞれの素晴らしさや陰の部分、いい所悪い所様々だよ。そういった清濁合せて包み込むことが可能な風土や歴史を持った奇跡の国こそが我が日本国じゃあ無いのかな?

 因みに管理人は【横出ヶ崎】なんて聞いたこと無いじ。



これぞ民族の宝

「おらほの宝」に評価 日本遺産認定で喜び

黒曜石

 文化庁の「日本遺産」に24日、八ケ岳山麓の長野県8市町村と山梨県6市による「星降る中部高地の縄文世界―数千年を遡(さかのぼ)る黒曜石鉱山と縄文人に出会う旅」が認定された。黒曜石や縄文文化の魅力を伝えてきた人たちは、改めて地元の遺産の価値をかみしめるとともに、全国にアピールするきっかけになると喜んだ。

 黒曜石の採掘跡は、小県郡長和町と諏訪郡下諏訪町に残る。長和町には国史跡「星糞(ほしくそ)峠黒曜石原産地遺跡」などがあり、町は町内の黒耀石(こくようせき)体験ミュージアムで魅力を伝えている。町教育委員会教育課長補佐の大竹幸恵さん(58)は「採掘地は黒曜石を求めて遠くから来る人の出会いの場だった。食、温泉を楽しみにしつつ、遺跡を訪れる人が増えてほしい」と期待した。

 下諏訪町の国史跡「星ケ塔遺跡」の鉱脈は、同町埋蔵文化財センター星ケ塔ミュージアムで原寸大のジオラマに再現、展示されている。町諏訪湖博物館・赤彦記念館の宮坂清館長(53)は「20年以上の調査・研究が、観光の観点で評価されたのはうれしい」。青木悟町長は「認定された県内外の市町村と協力し、縄文の魅力をさらに発信したい」と喜んだ。

 大規模な縄文集落があった茅野市。黒曜石の矢尻など数百点を展示している市尖石縄文考古館によると、市内の駒形遺跡などは黒曜石を石器に加工、流通させる拠点だった。県文化財保護審議会委員の会田進さん(71)=諏訪郡原村=は「なぜこれほど繁栄したのか、認定が研究進展のきっかけになることを期待する」と話した。

 同市は2010年度から、市内の縄文遺跡、遺物をまちづくりに生かす「縄文プロジェクト」を展開。推進役の市民会議「広める部会」の樋口敏之部会長(61)は認定を歓迎した上で、縄文文化の価値を分かりやすく伝え、共有する方法が課題だとし「市民会議で議論したい」と述べた。

 南佐久郡川上村でも、縄文中期の集落遺跡で国史跡の「大深山(おおみやま)遺跡」から、水流のような模様の「曽利式土器」や立体的な模様の「井戸尻式土器」が出土。出土品は村文化センターで展示している。村教委の長崎治社会文化係長は「認定は光栄。他の自治体と連携し、遺跡を観光や学習に活用できる方法を考えたい」と話した。

 長野、山梨両県の申請は17年度に続く2度目で認められた。今回は長野県教委が申請代表自治体となり、黒曜石を前面に出すストーリーに仕立て直したという。今後は両県や関係市町村などで協議会をつくり、一帯をPRする新たな催しの企画などに取り組む予定という。

(5月25日)


http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20180525/KT180524ASI000003000.php

 タイトル見て中身を読んで「ローカルイベント」なんて言う浅はかなのが出てきそうだが、敢えて断言できる。日本人のルーツは二万年近く前まで遡り、その間にこの黒曜石の交易ルートが列島各地に形成され、中には海を渡ったのまである。

 しかもその縄文時代にすでに稲作が九州で六千年前には行われていた。これは考古学によって既に実証されている。誰だ? 「稲作渡来説」なんて戦後GHQによって押し付けられたゆがんだ歴史を未だに信じている愚かな頭でっかちは?


 世界中にはナントカ文明とか古代ナントカが幾多あるが、精々が四千年前だろう。しかもそれら古代文明を現代に伝える者途絶え今は居ない。後からやって来た者によって発掘されただけに過ぎない。一方日本の縄文文明は一万年以上栄え、狩猟中心から農耕中心へと謂わばライフスタイルを変えつつ、我々現代人という後裔が居る。

 これこそが本当の遺産、レガシィであることが、最高学府で教鞭をとるバカ左翼学者戦後進歩主義者特亜に阿る恰好だけインテリには分かるかな? 


松鶴家千とせ

 わかんねえだろうなあ。

飼い主に忠実な狗

10日、環球網は、中国外交部の定例記者会見で日本人記者が放った一言に、会場が笑いに包まれたと報じた。

10日に行われた同部記者会見で、日本人記者は「中国中央テレビ(CCTV)が今日午後、中国海警局が上海付近の公海で密輸船数隻を拿捕(だほ)したと報じました。そのうち1隻は別の船に石油を送っていたとのことで、北朝鮮に関係があるのではないかとの見方が出ています。関係国では密輸活動への監視を始めましたが、中国は監視を強めていますか」と質問した。

これに、会見を担当した耿爽(グン・シュアン)報道官は「CCTVの報道だとおっしゃいましたが、あなたはCCTVの人ではないですよね?」と逆質問。すると日本人記者は「今のところはまだ違います」とユーモラスに答え、会場の笑いを誘った。耿報道官がさらに「どこのメディアですか?」と聞くと、記者は「NHKです」と回答している。

「まだ違います」という回答に、自身も笑顔を見せた耿報道官は、質問に対し「そのニュースは見ていないが、北朝鮮に関係するかについては、わが国は国連安保理の対北朝鮮決議を一貫して全面的に、正しく、真剣に、厳しく実施することを原則としている。わが国がこれに向けて努力していることは明らかだ」と答えた。

さらに、北朝鮮に関わる密輸活動の監視を強化しているかをただされた耿報道官は、「国連安保理決議の実施に向けたわれわれの努力は、誰の目に見ても明らか」と繰り返すにとどめた。(翻訳・編集/川尻)


http://www.recordchina.co.jp/b599717-s0-c10-d0135.html

 これジョークでもユーモアでも無え狗HKの忌憚無き本音だろうが。今や狗HKは嘗てのアカ匪を上回るCHINK贔屓の親中媒体なのは一部の情報弱者以外なら広く知られてる。受信料は全額返済の上、さっさと解体されてしまえ。

マスゴミ犬HKタンクトップ


嬢に引かれて善光寺まいり

【牛に引かれて善光寺参り】は信州人なら皆が知る話し。管理人も行って来ました。

善光寺山門

  その間中表参道の賑わせるよさこいソーランの演舞衆。
善光寺ヨサコイ

  生まれ育ちは違っても、地方気質も違えども、最後に皆が一体となり達成感を共有する。これこそが日本人なんだよな。

  べ、別に下心で善光寺迄行ったんでは無いニダよ。

  ヒロカ嬢

 一応はこっちがメイン。



内務省要復活

きょうの潮流

 週を追うごとに参加人数が増え続ける国会前行動。「ウソつき安倍は、首相をいますぐやめろ」。怒りのコールとともに合唱が広がります▼♪光は闇に負けない、まことはウソに負けない、真実は沈まない、けっしてあきらめはしない!これは、100万規模の市民が持続的な行動で腐敗した朴槿恵(パククネ)政権を退陣に追い込み、文在寅(ムンジェイン)大統領を生み出した韓国の「ろうそく革命」で歌われた曲です▼毎週土曜日ソウル市内の広場に老若男女の市民がろうそくを持ちながら、「大統領は退陣せよ」と声をあげた「ろうそく集会」。回を重ねるごとに参加者が増え全国に広がりました。一切の暴力なしに、大規模で持続的な市民の直接行動・平和のデモで世の中を変えられることを示しました▼安保法制(戦争法)の時のように議事堂前を埋め尽くした先日の「国会前大行動」。市民の運動が伏流水のようにつづき、今またわき起こったのです▼怒る市民の思いがプラカードの言葉にあふれていました。国政私物化の動かぬ証拠も改ざん・隠ぺいする「ウソアベアソウ」「膿(うみ)を出すというがアベ首相あなたが膿だ」。弾劾された朴氏が握手する安倍首相に「次はあなたよ」の吹き出しも。「未来のための政治を」の文字が多かったこと▼国民主権の国なのに、この国は誰のものなのか。国民の手に政治を取り戻し、改ざん内閣が退陣するまで行動で列島騒然の状況を。野党と連携し主権者・市民の民主主義の力を発揮する時です。“今度こそ、次は日本の番です

パヨク暴力革命共産党

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-04-19/2018041901_06_0.html

 とんだ自画自賛、いや自慰行為だ。まあ共産党の機関紙だからこんなもんなんだろうけど。ただ問題なのは根本からの誤認だらけとその行く先だわ。
>光は闇に負けない、まことはウソに負けない、真実は沈まない、けっしてあきらめはしない:暗部だらけのテロ組織が何を言う?
>国政私物化の動かぬ証拠も改ざん・隠ぺいする:何時私物化した?改竄隠蔽の指示を出した証拠は?
>今度こそ、次は日本の番です:で、休日で休会中の国会前デモで今度は何が日本の番だって?

 こういう連中をのさばらせれば当然暴力革命に行きつく。矢張り戦前の治安維持法は正しかったわけだ。
プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR