FC2ブログ

頭隠してエラ隠せず

20181207200331be4.png

辺野古「埋めるな」官邸前で抗議

土砂投入に反対する市民

2018/12/13 20:51


©一般社団法人共同通信社

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に関し、14日に迫った辺野古沿岸部への土砂投入に反対する市民らが13日、首相官邸や防衛省前に集まり「辺野古の海を土砂で埋めるな」「民意を無視する工事をするな」と抗議の声を上げた。

 首相官邸前では時折冷たい雨が降る中、「サンゴの海を埋めないで」などと書かれたプラカードを持った市民らが座り込みを行った。

 川崎市の無職木瀬慶子さん(67)は「知事選で工事中止を訴える玉城デニー氏が勝ったのに、土砂投入はけしからん。首相は国民ではなく、米国の言いなりではないか」と憤った。


https://this.kiji.is/445916015810413665

 赤字の部分だけでも突っ込み所満載だな。これこそがノイジーマイノリティという戦後日本の厄介者集団の正体だよ。しかもしれっとデモに朝鮮人が紛れ込んでやがるし。
ハングル辺野古

 大体外国籍は来日在日を問わず、日本国内での政治活動は禁止だろうに。滞在国の主権を脅かす有害外来種は厳罰に処すべきだ。罰金の上国外追放で良かろう。特にこんなの。

李信恵

アホの証明一拍子

入管法改正、国会前に抗議の声 市民ら「議論尽くせ」

12/7(金) 21:40配信

 国会前では7日夜、外国人労働者の受け入れ拡大に向けた出入国管理法の改正に反対する市民らが、「議論を尽くせ」などと抗議の声を上げた。
 ツイッターなどSNSでの呼びかけに応じた人々が次々と集まった。安保法制に反対した学生団体SEALDs(シールズ)の元メンバー諏訪原健さん(26)がマイクを握り、「外国人技能実習生の厳しい実態が明らかになる中、どうしてこのまま(法案を)通せるのか」と訴えた。

 東京都世田谷区の女性会社員(25)は留学先のスペインで、フィリピン人の元技能実習生と会った。勤務先でパワハラを受けた体験を打ち明けられ、「もう日本には行きたくない」と言われたという。「受け入れ後の支援体制など、法案は内容がほとんどないように思う。このままじゃ、また不幸な外国人労働者が増えてしまう」と危機感をにじませた。
.
朝日新聞社


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181207-00000127-asahi-pol

 あ~、これ今朝のニュースでやってたな。何サラッと日付誤魔化してんだよ。つか、映像を観る前に耳ですぐ志位るずだって分かったわ。相も変らぬ【ドチドチデケデケ】の無機質な一拍子太鼓だったからなあ。結局は移民にも外国人労働力にも反対の我が身大事でスキル磨かずのアホ外来種集団。

 日本人なら様々なリズムで様々な打ち方がある。四季折々、地方色も豊かだ。



 あの志位るずとやらは、所詮は朝鮮太鼓の延長なんだろうよ。だからあんなに無能で役立たずなのさ。
2018120720033148e.png

与党総裁選の結果

糞ヨボが

 自民党の石破茂元幹事長は30日、早稲田大で講演し、いわゆる徴用工訴訟などをめぐり悪化する日韓関係に関し「判決は国際法的に間違っている」としつつ、「合法であっても独立国だった韓国を併合し、(朝鮮半島出身者の)名字を変えることが行われた。そういう歴史があったことをどれだけ認識するかだ」と述べ、過去の経緯を踏まえた対応が関係改善に必要との認識を示した。

 また、石破氏は9月の党総裁選で自身の国会議員票が伸び悩んだ理由に触れ、「どれだけ国家を語り、人生観を共有できるか、そういう努力はまだまだ足りなかった」と振り返った。


http://www.sankei.com/politics/news/181130/plt1811300046-n1.html

 以前から此奴の骨相は日本人離れの岩石顔だったが、遂にDNAが出たな。

 自称保守にも売国奴が沢山居る証拠だ、特に朝鮮球入れや砂利利権等々。

 今後も注視しておかねばな。

 因みに【チョン】とは穢土「江戸」以前からの呼び名。それ以降は・・・もう関わりた無いわ。


チョーセンと関わるのはいやじゃ





管理人もう死む

 ヒロカさんの謳い上げに涙が出んなんて、滅多にできるもんじゃない。


https://youtu.be/ZPazoM7gaNQ

 人生の最大の失敗は信濃を離れたことだ。

テブラ―マン知事

[知事訪米]玉城知事、県と日米両政府の3者協議を要請 辺野古移設 米は返答せず

2018年11月16日 05:00

 【ワシントン=座波幸代本紙特派員】米首都ワシントンを訪問中の玉城デニー知事は14日(日本時間15日)、国務省のマーク・ナッパー副次官補代行、国防総省のポール・ヴォスティ日本部長代行の両者と国務省で会談した。玉城知事は米軍普天間飛行場移設に伴う名護市辺野古の新基地建設に反対の意向を伝え、県と日米両政府の3者協議を開催するよう要請した。米側は「辺野古が唯一の解決策」と従来の見解を繰り返し、3者協議についても明確な返答はなかった。会談後、国務省は「普天間飛行場の代替施設建設は揺るぎないコミットメント(約束)」と声明を出し、玉城知事と米政府関係者との初会談は平行線に終わった。

 会談後、玉城氏は記者団に対し「辺野古が唯一と言っている限り、暗礁に乗り上げた問題だ。動かすためには、動かす立場にいる人たちが話し合わないと船は動かない」と、3者協議の必要性を重ねて主張した。

 県民が選挙で何度も新基地建設に反対の民意を示しているにもかかわらず、日米両政府が一顧だにしない状況に「県民は不満を高めている。そういう状況にあっては、日米の安定的な同盟関係、ましてや沖縄の基地負担軽減など、県民の不安は払拭(ふっしょく)できない」と、米側に警鐘を鳴らした。

 また、埋め立て予定地の一部が軟弱地盤とされていることも説明。地盤改良など、工法の変更には県知事の許可が必要であり「工事の完成にはまだまだ時間がかかる」と伝えたが、米政府側からのコメントはなかったという。「日本と米国は双方がこの問題のおのおのの当事者であり、責任者であることを忘れないでほしい」と、米政府側に強く訴えた。

 メイジー・ヒロノ上院議員(民主)、デイビッド・プライス下院議員(同)、杉山晋輔駐米大使らとも同日、面談した。玉城氏は4日間のニューヨーク、ワシントンでの日程を終え、15日に帰国の途に就く。


https://ryukyushimpo.jp/news/entry-834897.html">https://ryukyushimpo.jp/news/entry-834897.html

 県税使って外遊して何の手土産も無しか、まあ管理人はこの人物の沖縄県精が日本の一地方政治として国政に貢献するなんぞとは露程にも考えていなかったし、左程有能な首長とも捉えていなかったから驚きもしない。かわいそうなのは 「本土から入り込んだ運動家」 に翻弄される生粋の沖縄県民だろうよ。
沖縄左翼座り込み1_convert_20161023010229
沖縄左翼座り込み2
沖縄左翼座り込み3

 おっと、手が滑った。
へのこの反対派はうちなーんちゅじゃありません

プロフィール

dame狼

Author:dame狼

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR